固定費を節約するなら通信費から!今さら聞けない格安SIMとは?

kakuyasu-sim

こんにちは。

あなたは格安スマホ使ってますか?

日々の節約に一番有効なことは、固定費を減らすことです。

そして固定費の中で、一番ムダで大幅に減らすことが出来る部分が、スマホ代。

僕は、スマホを格安SIMに変更してから月々1500円程度でスマホを持つことができるようになりました。

実際に格安SIMに変更するまで「格安SIMって難しそう」「自分には難しいかな」と思っていましたが、いざ格安SIMを使ってみると、めちゃくちゃ簡単でした。

そこで、ムダなお金を減らして節約したいと考えている人に向けて、格安SIMについて説明していきたいと思います。

そもそもSIMとは?

SIMとはスマホに入っているICカード

SIMとはスマホに入っている小さいICカードのことです。

どのスマホでも入っています。

SIMの種類は大きさ別に3種類

SIMは大きさ別に分けられていて、通常SIM、マイクロSIM、ナノSIMの三種類あります。

それぞれスマホによって入る大きさが違うので、自分のスマホに合ったサイズを選ぶ必要があるということです。

どのサイズが良いか迷った場合は、一番小さいナノSIMを選べば良いです。

変換アダプターというものをつければ、マイクロSIMや通常SIMのサイズにすることが出来ます。

逆に大きいサイズをナノSIMにするためには、SIMカッターと呼ばれるもので切らないといけないので面倒です。

格安SIMは何で安いのか?

格安SIM会社が、ドコモやauなどの大手キャリアから、通信回線を借りて独自の値段で提供しているからです。

会社を運営するコストが、大手キャリアと比べて安いので、その分安い値段で契約できるというわけです。

格安SIMのメリット

安くなる

僕は、auからLINEモバイルに乗り換えて約7000円から約1500円まで安くなりました。

元々auの時から使っていたスマホを使っているので使い勝手も変わらず、体感ではただ安くなっただけで何も不便はないです。

僕が使っていない他の格安SIMでも、大体相場は同じ。2000円もあれば不自由なく使うことができます。

二年縛りがなくなる

大手キャリアなら乗り換えるなら二年経たないと、違約金が発生してしまいますよね。

格安SIMなら最低利用期間がないので、乗り換えたいと思ったタイミングで好きに乗り換えが出来ます。(音声SIMは最低12ヶ月は必要ですが)

格安SIMのデメリット

サポートが受けにくい

店舗を構えてサポートセンターを作っている格安SIMの会社は少ないです。

その分安くなるので、スマホの使い方が分かる人におすすめです。

まとめ:固定費を節約するならまずは格安SIMにしよう!

スマホを格安SIMに変更することで、月々の通信費が5000円程度安くなります。

格安SIMにもデメリットはあるものの毎月5000円安くスマホが使えることと比べると大したことはないです。

メリットの方が圧倒的に大きいので、もしまだ格安SIMを使っていないなら、すぐに乗り換えましよう!

次の記事>>>僕の使っている格安SIMのLINEモバイルのレビュー

line-mobile 格安SIM『LINEモバイル』にして固定費がグッと下がった!