ミニマリスト大学生は水筒(マイボトル)で節約しよう。おすすめの水筒7選まとめ。

water-bottle

お金を少しでも節約したいと考えている大学生の皆さん。

大学に行ったり外に出かけるときにコンビニで飲み物買ったりしてませんか?

適当に自動販売機でジュースを買ったりしていませんか?

それ、結構イタい出費ですよ。

いちいちコンビニや自動販売機で飲み物を買うと、一日一本買うとしても150✕30日=4500円もかかってしまいます。

4500円もあれば、色々買うことが出来ますね!

「ミニマリストなのにモノ増えてるじゃん」と言われそうですが、水筒を買うということは『飲み物を買いに行く手間や時間を減らす』ということです。

節約系ミニマリストとして水筒は持っておきたいなと思ったので、ミニマリストにおすすめできる水筒を探してみました。

欲しい水筒(マイボトル)の基準

  • 常にリュックに入れて持ち運ぶ用
  • 容量は500ml
  • 直接口をつけて飲むタイプ

僕が選んだ一番おすすめしたい水筒(マイボトル)

リユースボトル フィーカ 500ml

https://item.rakuten.co.jp/mollif/b87fika/

デザインが良い。

1200円だから安い。

500ml入る。

構造がシンプルで洗いやすい。

と、文句を付けるところがありません。

画像を見て一発で、このボトルの可愛さに惚れ込みました(笑)

僕が今回調べた水筒の中で、一番おすすめの水筒です。

その他のおすすめの水筒(マイボトル)

ハイダウェイ(HYDAWAY)

hydaway

https://hydawaybottle.com/

折りたたみ式の水筒。

水を飲みきったあとは、ペタっとたためばすごくコンパクトなのが面白いです。

飲み終わったペットボトルって持ち歩くのが一番邪魔くさいので、小さくして放り込んでおけば邪魔にはなりません。

個人的には、こういう変形するタイプとか少し変わったモノってめっちゃ好きです!

ただ、他の水筒と比べても値段がバカ高いので断念しました…

 

イメージ動画もあります。

Our Story from Hydaway Bottle on Vimeo.

CORKCICLE CANTEEN(コークシクル キャンティーン)

 

この水筒は、

口が大きくて氷が入れやすい。

底面にラバーがついていて滑りにくい。

保冷機能がしっかりしている。

などの細かい気配りができているところも良いですが、僕が調べて一番良いなと思ったポイントは、コーヒーが入れられるところ。

多くの水筒はコーヒーには対応していなくて入れられない水筒も多いですが、それが入れられる。

家の外でも温かいコーヒーが飲める。

そこに僕は魅力を感じました。

シンプルなデザインで、誰が使っていても違和感の無い水筒です。

S’well(スウェル)

おしゃれで、保温性・保冷性に優れている水筒。

木目のデザインが柔らかさがすごく出ていて良いです。

最終的に選んだ水筒とめっちゃ迷いましたが、これは好みの問題ですね。

それぐらい僕の中では同レベルで欲しい水筒です。

Today(トゥデイ)のマイボトル

my-bottle

https://www.todaysspecial.jp/products/detail.php?product_id=3754

なんかおしゃれなマイボトル。

それでいて保温・保冷の機能もしっかりしてるから良い。

作りがシンプルで、洗いやすいのもポイント。

一番気に入ったフィーカとほとんど同じ見た目なので、好みで選びました。

Amazonでは売ってなかったですが、ホームページから購入できます。

参考 TODAY'S SPECIAL / マイボトルTODAY'S SPECIAL

シグ スイスエンブレム 0.6L

シグの水筒の良さは、めっちゃ軽いところ。

600mlの容量で105gしかない。

iPhone8でも150gとかなのでスマホより軽い水筒ということです。

水筒が重いと、毎日持ち歩くのが面倒になってしまいます。

軽い水筒ということはそれだけで、大きなメリットだといえます。

memobottle

https://www.amazon.co.jp/

ズボンのポケットに入れられるような平たい水筒。

普通の丸い形の水筒ではなく、バッグに入れやすいノート形の水筒で、形がユニークで面白いなと思ったのですが、他にもっと良い水筒が見つかったので購入は見送ることにしました。

https://www.amazon.co.jp/

まとめ:ミニマリストは水筒を持とう!

細かい節約をコツコツやることが大切。

調べてみて一番僕が良さそうだと思った水筒は、リユースボトル fika フィーカ 500ml

デザインを見てコレだ!ってなりました(笑)

ペットボトルを毎日買う生活から水筒を持ち歩く生活に変えると、地味に節約になります。

その地味に節約になることを積み重ねることが、後から振り返ってみると大きな節約に繋がっているというものです。