ミニマリスト的時間の作り方

make-time

常に時間がない。

気づいたらもうこんな時間だ。

 

僕は大学に入ってからずっとこんなことを言っていました。

こんにちは。ミニマリストのことけとです。

大学生になってから、時間はたっぷりあるはずなのに、いつも時間に追われて過ごしていませんか?

僕は、ある時間を断捨離することで本当に自分がやりたいことに時間を使えるようになりました。

今回はそんな、ミニマリスト的時間断捨離術を紹介したいと思います。

一日は皆平等に24時間しかない

何を今更当たり前のことを言っているんだって感じですよね(笑)

でも、大学に入りたての僕はこのことにちゃんと向き合っていませんでした。

一日ダラダラ過ごして寝て、起きたら朝が来てまたダラダラして、それでよく時間がない〜と言えるなぁと思いますけど、実際やってしまうんですよね(笑)

気づけば僕の一日は無駄しか無かった

これは僕のある休日のスケジュールです。

朝11時、起床。

2時ごろまでテレビを見ながらのんびり朝昼兼用の食事を取る。

その後、自室に戻りスマホでソシャゲをやりながらパソコンでYouTubeを開いて動画を見始める。

気がついたら夕食の時間。

食べ終えたら風呂に入り、就寝。

 

結構適当ですが、こんなことが日常茶飯事でした。

その他、Twitterを一日中見ている日があったり、ゴロゴロしながら漫画を読んでいたら日が暮れていたり…

無駄の極みですね、楽しいですけど(笑)

コレを断捨離すれば時間は作れる

僕が実際に断捨離してみて、必要無かったものや減らすことで効果があったものを紹介します。

SNS

Twitterは、ホンマに時間を奪っていきます!

たくさんの人をフォローしていると、読み込む度に必ず自分のタイムラインが更新されていて終わりがないので、いつまででも見ることができてしまいます。

 

ソシャゲ

ソシャゲも結構な時間泥棒です。

僕は、辞めると決めた段階ですぐにアンインストールすることが出来たので結構楽に辞めることが出来ました。

作った時間でやりたいことをやってみよう

僕はこのようにして今まで無駄にしてきた時間を、自由な時間として使うことができるようになりました。

そして、やりたいけど時間がないからと言ってやっていなかったことをはじめました。

 

あなただったらその時間で、何をしますか?