一言日記と明日やることを書こう!

diary

僕達は毎日たくさんのタスクがあり、様々な人と会い、莫大な情報を仕入れて生活しています。

あなたは昨日何をしてどんなことを学びましたか?と聞くと、おそらく答えられると思います。

しかし、先週の日曜日に何をして何を学びましたか?と聞くと答えられない人が増えるのでは無いでしょうか。

 

 

自分の頭で覚えているのには限界があるので、その日のことを書き出すことが大切です。

自分が一番良く見るところに書き出しておくことが大事。

ラインのメモでもTwitterでも机のメモ帳でもどこでもオッケーです。

僕はEvernoteに全てメモをするようにしています。

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

ひとこと日記のやりかた

寝る前に「一言日記」を書く。

思いついたことを思いつくままに書く。手が止まったらその時点で止めても良いです。

字数や内容などを気にせず気楽に書きましょう。

そして同時に明日やることと今日の出来事をリストアップします。

  • 今日やったこと
  • 今日やろうとしたけどできなかったこと
  • 明日やること
  • 明日のざっくりした予定

 

一言日記のメリット

1.毎日書く習慣ができる。

まずは文章を毎日書くことに慣れる。

歯磨きのように、「しないと気持ち悪い」ぐらいまで生活に染み込ませることができれば良い。

2.文字にすることでその日を明確にできる

文字にしてみないとはっきり理解できないと僕は思います。

自分では覚えているつもりでも実際書き出してみると難しい。

学校であった英語の単語テストで、単語帳を見て「全部覚えた」と思っても、いざテストを受けてみると全く単語が書けないことがよくありました。

実際に書き出して自分の目で見ないと頭に残らないです。

3.振り返りの時間を作れる

実際全てを覚えているわけではなくて、どうでも良いことは大抵忘れている。

日々を何となくで生きてきたのでそれを変えるためにも、毎日何をしたのかやその日自分は成長できたのかを振り返ることが出来る。

4.次の日にやることを書くことで、動きやすくする。

なんとなく一日を過ごして気づいたら夜になっていた!ということはよくあります。
なぜそんなことが起こるのかというと、毎日思いつきで行動しているから。

まとめ

毎日自分が何をやっているか把握することで、無駄な時間を省くことが出来る。
目標やタスクを作ることで、やることが明確になり目標達成がより簡単になる。

 

「何も学ばなかった日」を減らしたい

ひとこと日記を書くことで「今日何もしてないな」という日を減らすことができます。

今なんとなくで過ごしている人は、ひとこと日記と明日の目標を書き出してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください