ブログデザイン変更中です

Apple Watchはいらない。手放した理由と感想

3 min

Apple Watchを手放すことに決めました。

昔から一度使ってみたかったのですが、自分の生活には不要だったみたいです。

Apple Watchを購入した理由

まず、なぜ僕がApple Watchを購入したのかをお話します。

Suicaの支払いが便利そうだと思った

電車に乗るときやコンビニの支払いなどで、以前からiPhoneのモバイルSuicaをつかっていました。

特に電車に乗る時は、いちいち切符を買わなくて良いのでめちゃくちゃラクになったので、もう切符を買う生活には戻れないなと思うほどでした。

なので、Suicaが使えるApple Watchでピッと支払いできたら、iPhoneを取り出して支払いをしていたときよりラクになるだろうなと思って購入しました。

睡眠トラッキングや目覚ましの機能が使いたかった

最近出来る限り日記をつけるようになりました。

そこでわかったことが、1日経ったら昨日のことですらすぐに忘れてしまっていること。

Apple Watchを使ったら睡眠時間も自動で計測してくれるから、

けからき

けからき

今日はたくさん寝ているから体が軽いな

とか

けからき

けからき

7時間は寝ないと昼過ぎに眠くなるんだな

といったように、自分の体のベストな状態を知ることができます。

デザインがカッコ良かった

Apple製品ってデザインがおしゃれなので、持っていて楽しいかなと思いました。

実際に意味もなくチラチラとApple Watchを眺めているだけでも楽しいです。

Apple Watchがいらない理由

常に充電を気にしてしまう。

Apple製品を一通り揃えて、1日に充電するデバイスが増えました。

購入した理由は、睡眠のトラッキングや目覚ましの機能が使いたかったからです。

僕の使い方では、

  • 家に帰ってきて晩ご飯を食べている間
  • 風呂に入っている間

しか充電するタイミングがありません。

充電器は自分のデスクにまとめてあるので、帰ってきたら毎回そこまで充電をしに行く必要がありました。

これがまたストレスなんです。

iPhoneやiPad、MacBookも定期的に充電する必要がありますし、全てのデバイスで今充電がどれぐらい残っているかを把握するのは地味に大きなストレス。

スマホだけの充電をみていたらよかったときとは全然違います。

通知が気になる。

手元に通知がすぐに来るのはApple Watchの良いところですが、同時に悪い部分でもあります。

僕はひとりの時間を大事にしたいタイプの人間です。

今まではスマホさえ見なければメッセージやアプリの通知がきていても後回しにすることができていました。

しかし今はラインが来たらApple Watchにすぐに通知がきて知らせてくれます。

いつでも大事な通知が確認できることはありがたい話なんですけどね。

でも、通知がきたら焦らされてしまう気持ちになるんです。

早くその通知に対応して、返信しなくちゃいけない。

僕はそんな感覚になってしまいます。

便利になっている一方で、スマホの通知から逃げられる時間がどんどん減っている。

そんなふうに感じました。

常にスマホを持っていたので「iPhoneが無くても」が無かった

Apple Watchを使っている人が、Apple Watchのメリットとしてあげているのが「iPhoneが無くても○○できる」ということ。

  • iPhoneが無くても音楽が聴ける
  • iPhoneが無くてもコンビニぐらいなら出かけられる
  • iPhoneが無くても支払いができる

こういったメリットは自分が思っていたより使わなかったです。

というのも、常にポケットにスマホが入っていてスマホがない状況が無かったからです。

コンビニで支払いをするときも、ポケットからiPhoneを取り出すことに慣れていて全く苦に感じなかったので、Apple Watchを使おうとすると逆に使いにくいように感じました。

iPhoneが使いにくい

そもそもの母艦であるiPhoneが使いにくいので、Apple Watchを使っていることもストレスになっていました。

Androidを使いたいのに、Apple WatchがiPhoneしか対応していないせいでAndroidに移行できない。

このことがずっと気になっていました。

iPhoneが使いにくいことにも理由があります。

きっかけは会社からiPhone7を支給されたことです。

そのせいで僕はiPhone7を二つ持ち歩く羽目になりました。

パスワードも使えるアプリも、そしてその配置もなにもかも違うのにサイズと見た目は全く同じなので間違えて間違えてしょうがない。

加えて、汗かきで指紋がほとんど反応しません。

会社のiPhoneにプライベートのiPhoneのパスワードを入れてエラーになったり、別のスマホと間違えて違うアプリを開いたりなど、違うスマホにすれば解決する問題が増えてきました。

スマートウォッチのために、本体であるスマホが使いにくくなるのは本末転倒です。

なので今回Apple Watchを手放すと同時に、Androidに戻ることにしました。

自分が使いこなせていないと感じた

Apple Watchは約5万円とすごく高額です。

それだけ払った分も自分は使いこなせていないように感じました。

購入するきっかけになったSuicaも、

  • コンビニにほとんど行かない
  • 結局スマホで払っていることが多い

状態だったので、Apple Watchを使えていなかったです。

使いこなせないもの=自分には必要ないもの。

手放すことは難しいですが、自分が持っていてもしょうがないですし、売るなら早い方が良い。

次のApple Watchシリーズ6が出たら、値下がりしてしまうはずなので。

なのでそうなる前に早めに売ってしまおうかなと。

売るときに高く売れるのはApple製品の素晴らしいところ。

また欲しくなったらその時に買えば良いし、今の自分には持っていてもムダだと思ってます。

売ったお金で何を買うか楽しみ

Apple Watchを売れば大体4万円ぐらい。

4万あれば何を買おうか今からワクワクしています。

けからき

けからき

セルフベーシックインカムを作ることを目標に「節約」と「投資」を始めました。
大学時代に短期留学したことをきっかけに英語の勉強を始め、現在TOEIC825点。2021年までに900点突破が目標です。
英語とお金の勉強が趣味です。

カテゴリー:
関連記事