3月のスペイン旅行に持って行ってよかった物・やっぱりいらなかった物

海外旅行に必要な物と不要な物

海外旅行に行って、現地で

  • 持って行って良かった
  • やっぱりいらなかった
  • 持ってきたら良かった

と思った物をまとめました。

今から海外旅行に行こうと考えている人にとっては役に立つ記事になってます。

持ってきて良かった物

サンダル

部屋の移動がすごく楽になる。百均のサンダルで良いので必ず持っていくべき。

ホテルの部屋に入ったら、基本的に過ごすのはベッドの上。スニーカーを履いたままベッドに乗るわけにもいきません。

そうなれば、トイレに行くときやベッドから少し離れたテーブルとか、移動するたびに靴を履き直さないといけないですよね。

ホテルで過ごす時間が増える海外だからこそサンダルは必須だと感じました。

めっちゃ面倒。

じゃまくさいときは裸足で部屋を歩いたりしてますが、一応ホテルも土足で歩きまわっているのであまりおすすめはしません笑

前はクロックスとかを持っていってましたが、めっちゃかさばるので百均でグニャグニャに折り曲がるサンダルを買いました。

スニーカー

良く言われることだが、旅行中は歩き回るので、とにかく自分が慣れている靴、歩きやすい靴で行きましょう。

旅行に大切なのは、いかに疲れないか。疲れて体調を崩してしまうのが一番もったいないですよ。

モバイルバッテリー

日本以上にスマホで調べることが多いので、結構使います。

グーグルマップとか「〇〇のやり方」で検索とか、カメラとか。

特にカメラで写真を撮ると恐ろしい勢いで充電がなくなります。

なのでモバイルバッテリーは必須。

あと今回の旅行で一番助かったのは、夜行列車で移動したとき。

夜から11時間電車に乗って朝に目的地に到着⇒観光の流れでしたが、夜行列車にコンセントがなかったので、モバイルバッテリーがなかったらやばかった。

あさイチにスマホの充電がゼロの恐怖。みなさんもわかりますよね?

他にも部屋にコンセントが一つしかなかったときに、昼間出かけているときにモバイルバッテリーを充電しておいて、夜寝るときに誰かがモバイルバッテリーでスマホを充電したりもできるので、あって損はないかと。

僕は毎日モバイルバッテリーを使い込んでいました。

持っていったのはこちらのモバイルバッテリー。実際に日本で使っていて便利だったので旅行にも持っていきました。

Anker power fusion5000Anker『 PowerCore Fusion 5000』レビュー。使って分かったメリットとデメリット

栄養剤

いつも口内炎ができていた僕が、栄養剤を飲んでいたおかげで口内炎ができなかった。

食費を減らすために、基本的にハンバーガーしか食べていなかったので食生活は最悪でした。

よく体調を壊さなかったと関心するレベル。

海外旅行はただでさえ移動などで身体にストレスがかかるうえ、慣れない場所で食べ物も合うかわかりません。

日本でビタミン剤なと栄養を補給できるものを買って持っていきましょう。

今回の旅行でも途中で風邪っぽくなりましたが、栄養剤を飲んで水分をたくさん取り、早めに寝れば治りました。

とても便利です。

マスク

飛行機に乗っている間とホテルの部屋にいるときはずっとマスクをつけています。

下の『あったら良かった物』のところでも書いていますが、海外は日本とくらべて乾燥しているところが多いです。

僕は喉が乾燥すると一発で風邪を引くので、海外に行く場合は必ずマスクをつけるようにしています。

要らなかった物

腕時計

スマホで時間を確認するのは危ないかなと思って持って行きましたが、結局スマホで写真を撮ったりネットで調べたりして、スマホを外でも触っている時間が長かったので意味が無かったです。

腕時計はファッション。別に無くても困らないので、普段つけている人でなければわざわざ買っていく必要はありません。

普段からスマホで時間を確認する癖がついてしまっている人は、どこに行ってもスマホで時間を確認しますから。

防寒着

2月のスペイン・ポルトガルは寒いと思って持ってきたが、めっちゃ暖かかったので不要だった。

TシャツにロンTと上着で十分。

  • シームレスダウン
  • アンダー上下

は不要。

追記:シームレスダウンは必要そう。晩に出歩く時は、たまに寒い。

追記:夜のサッカー観戦はすごく寒かった。アンダー上下とウルトラライトダウンのベストとジャケット、シームレスダウン、ネックウォーマー、手袋の「最強装備」でも寒かったので、朝晩に外出する際は防寒具は必須。

一方で昼間はTシャツとロンTで十分。

寒暖差が非常に大きいので、防寒具をワンセット持っていくべきだとは思いますが、何枚もは不要です。

まあ、夜に出歩かない人は必要ないです。

リュック

サブバッグは小さいバッグがおすすめ。

今回は一眼レフだったりパソコンだったり色々持ち歩くかなと思って大きいリュックを持って行きましたが、最終的にバッグが邪魔すぎてスマホとパスポートをポケットに入れて手ぶらで行動してました。(ズボンのポケットは盗まれるので、上着の内ポケットに入れていました。)

リュックって大きいから色々入りますが、入ってしまうが故に重くなるんで良くないですね。

ネックピロー

今回始めてネックピローを持っていきましたが、行きの飛行機の時点で不要だと感じました…

自分には着けていた方が寝にくかった。

なんか息苦しい感覚になって、どうも寝にくい。

今は若さでなんとかしているだけかもしれませんが、今後は持っていかないつもりです。

ベルト

ズボンのベルトは空港の金属探知機に引っかかるし、無くても困らないのでいらないです。

もちろんファッション的にどうなんだと言われれば、それはわかりませんが上からシャツなどが被さっていれば有ってもなくてもわからないのでは?と思いますけどね。

ウエストの合ったジーンズ若しくはゴムで調節できるパンツを持っていくべき。

僕はZOZOTOWNのジーンズが腰回りもピッタリで履き心地が良かったので、いつも使ってます。

一眼レフ

間違えて望遠レンズのみを持ってきたため、使い所がとても難しかった。そして歩き回る時に邪魔で重い。

これは完全に僕のミス。カメラの知識がなさすぎた…

ただ画質は確実に良い。さすがは一眼レフ。

友達が持ってきていたミラーレスやiPhoneと同じ場所で撮ったら全然違った。特に夜景。

注意点は、夜景の場合シャッタースピードが遅くなるのでブレやすい。固定する場所や三脚があれば完璧だが持ち物が増えるので考えもの。

追記:一眼レフは2週間充電が持った。目盛りが1つも減っていない。予備のバッテリーと充電器は不要。

洗濯バサミ

選択するときに使うかなと思ってバッグに入れてましたが帰国まで一回も使わなかった。

ハンガーだけで洗濯物を処理できたので次回も不要だと思う。

あったら良かった物

サングラス

日差しが眩しい。ヨーロッパは地面の照り返しがキツい。

2月3月でも現地の人はサングラスをしている人が多かったので、ぜひとも持っていくべき。

日焼け止め

同上。

一日終わって部屋でシャワーを浴びると染みた。

スキンケア用品

顔が油ぎってるので。あと顔がすごく乾燥する。自分で乾燥しているなぁと感じる時点で相当乾燥している。

日本にいて肌が乾燥していると感じたことがなく、スキンケアなんかほとんどしたことがない僕が「乾燥しすぎてやばい」と感じました。

いつもスキンケアなんかしないという人でも、必ず持っていきましょう。

液体は、預入の荷物に入れる、もしくは機内持ち込みなら100ml以下に。じゃないと没収されます。

爪切り

爪はめっちゃ伸びます。

1週間程度の短い旅行ならギリギリ必要ないかもしれないですが、それ以上長くなると持っていきましょう。

爪ぐらい放っておけばいいという人もいますが、いつも爪が短い人にとっては長い爪は違和感でしかありません。

何をするにしても、手に違和感を抱えながら旅行するのはイマイチ旅行を楽しみきれない原因にもなってしまいます。

爪切りを持っていくだけで、そうなってしまうかもしれない原因を防ぐことができるので持っていきましょう。

頭痛薬

肩こりや疲労などで頭痛によくなるのに、持っていっていなかった。

自分のいつも使っている薬は、持っていくようにしましょう。

トートバッグ

スーパーで買い物をした時に便利。トートバッグなら嵩張らないし強度もあるので、一つ持っていけば便利。

海外のスーパーは日本のようにレジ袋に入れてくれない。バーコードを通すだけであとは自分でやる必要がある。

行ったときは手で持って帰ったりしていましたが、面倒すぎて旅行中にトートバッグを買ってしまいました。

シャンプー・ボディソープ

グレードの低いホテルなら無い可能性があるし、有っても自分と合わない可能性もある。

今回泊まったホテルはなかった。

石鹸はコンパクトだが泡立てるのが面倒なので、液体であるシャンプー・ボディソープをおすすめする。

ドライヤー

髪の毛を乾かさないと気持ち悪い。荷物に余裕があれば持ってきても良いかも。

次回の注意点

サブバックはしっかり選ぶ

サブバックは結構大事なのでしっかりと選ぶべき。最も良いのは手ぶらで居られること。

ボディバッグなどが良いかと思う。

寝巻きをワンマイルコーデに切り替えて荷物を減らす

寝る時専用で服を持っていくとかさばるので

  • 眠れるぐらいリラックスできる
  • 且つ外出用で使える

ような服を持っていく。

外出用で着るロングTシャツを寝巻き代わりにすれば寝巻きが不要。

寒ければウルトラライトダウン等で暖かくする。

僕は寝るときに寒かったので、毛布のようにウルトラライトダウンを被せて寝てました。

SIMの容量は気持ち多めで

14日間で1.5GBを購入したが、地図とGoogle検索しかできないぐらいだった。

日本で月3GBで足りているから大丈夫だと思ったが、TwitterやInstagramで旅行の様子をアップするといつもより容量が必要になる。

Wi-Fiがないと緊急時以外使えないので、体感では14日間3GBでも足りるかどうか。5GBなら安心といったところ。

カメラは画角が広い物がおすすめ

風景などを撮ることが多いので、画角が狭いと入りきらない。

GoProや360度カメラなど広域を撮影できるカメラが良い。

「実際に見るととても良い景色で開放感があるんだけど写真じゃ伝えきれない」って場所が多かった。

カメラについて

  • Wi-Fiでスマホで編集・共有できるもの
  • 軽くてコンパクト
  • レンズ見やすいもの

友達が使っていてとても使いやすそうだった。やっぱり今の時代はスマホが中心になっています。

スマホとの連携がどれだけスムーズにできるかというポイントで選ぶのも大事かと。

まとめ

実際に旅行に行った時でないと必要なものや不要なものは分かりません。もちろん事前にチェックはしてから出発していますが、それでも分からないものです。

こればっかりは自分で経験して、こんな風に持ち物リストを作って次回の旅行に生かしていくしかないかなと思います。

旅行中に、「次の旅行はアレを持ってこよう」と思っていても、必ず次の旅行でも同じもの忘れて、同じように「次こそ持ってこよう」と思うことになると思います。

僕もこの記事を書きながら、前に旅行から帰ってきた時も同じことを言っていたなぁと思い出しました。

ですのでこうやって

  • 持って行って良かった物
  • 実際は使わなかった物
  • 今度持っていきたい物

を書き出してみると、どんどん旅行の快適さが上がっていくはずです。

あなたも試してみてください。