物が捨てられない理由は不安だから。

物が捨てられない理由は、捨てたあとの生活に不安があるから。

そして、物を捨てたことが原因で今の生活より悪くなったらどうしようという不安があるからです。

この記事では、

  • その不安の原因
  • 物が捨てられるようになるコツ

を紹介します。

物が捨てられない理由

捨てたあとに後悔したくない

物が捨てられない原因に一番多いのが、捨てたあとに「やっぱり必要」と後悔したくないという理由。

この不安は断捨離を始める誰でも必ず出てくるものです。

不安な理由
  • 捨てた物がレア物で、もう手に入らないかも知れない
  • 捨てたあとに必要になって、買い戻すお金がもったいない

やっぱり売らなきゃよかった…と思う理由は、おそらくこの2つです。

僕も最初は不安でしたが、実際に捨てたあとに後悔した物はほとんどなかったです。

なぜうまくいったのか考えてみましたが、その理由は最初に「絶対に必要ない物」から捨てていったからだと思います。

捨てても後悔しない物から断捨離を始めることで、自分の中で捨てる基準が出来てきて徐々に捨てることに対する抵抗がなくなってきます。

最初は捨てるか迷っていた物も、断捨離することに慣れてきてから改めて捨てるかを考え直すと「別になくても困らないか」とスッキリ捨てることができるようになっていました。

オークエ
捨てるかどうか迷う物は、断捨離に慣れてからにしましょう。

極端な「もったいない精神」を持っている

「物を捨てるとその物がかわいそうだ」と考えて捨てられない人も多いです。

しかし、使わない物をクローゼットに入れっぱなしにして存在を忘れているなら一緒じゃない?と思います。

物は使われるためにあるものです。

メルカリやヤフオクで売ったら、他の人が使ってくれます。

物にとっても、誰にも使われずあなたのクローゼットに眠っているよりうれしいと思いますよ。

他人の目が気になってしまう

物が少なくなることで、友達や家族に「急にどうしたの?」とか「物が少なすぎるけど大丈夫?」というように、心配されたり変な人だと思われることが怖いから、物が捨てられないのかもしれません。

やろうとしたことを、人の目を気にしてやめるのはシンドイですよ。

自分の素が出せないと常に息苦しさを感じます。

単純に捨てる作業がめんどくさいし、そんな時間がない

物を捨てることってなかなかハードルが高く始めにくいと思います。

せっかくの安いの日に、物を捨てる作業をしている暇があったら遊びたいしリラックスしたいですよね。

これって勉強と同じような感じです。

やれば生活が良くなるのは分かっていても、めんどくさくて始めにくい。

これに関しては、断捨離の優先順位を上げるしか方法はないかなと思います。

やることが多すぎる やることが多すぎて作業が進められないならまず書き出してみるべき

物が捨てられるようになる方法

感情で物を捨てない。ルールに従って作業する

どうしても、感情が入ると自分で決めたルールを捻じ曲げてしまいます。

一回決めたルールに例外を作ってしまうと、あれも例外これも例外といったように特別扱いしてしまって、最終的に本当は不要な物でも全く捨てられなくなります。

断捨離のコツ 断捨離のコツは作業化すること

他人にやってもらう

自分が物を捨てることが苦手だな…とかめんどくさくてやってられないな…という人は、他の人にやってもらうことも一つの手段です。

なにも全員が掃除上手で整理整頓が得意になる必要はありませんよ。

苦手なら無理に自分がやる必要はないんです。

たとえ断捨離が得意でも、時間がなければ他の人にやってもらえばいいんです。

買取業者の宅配サービスを使えば、

  1. 自宅まで取りに来てくれる
  2. まとめてダンボールにつめるだけ
  3. 値段が付かないものも引き取ってくれる

など、全部おまかせすることもできます。

大事なのはあなたが楽に生きること。物を捨てるのはただの手段です。

物を捨てなきゃいけないけど捨てられない…とストレスになるぐらいなら、全部任せてしまいましょう。

お金も時間もかからないので、人に任せるのはおすすめですよ。

物が捨てられない理由と対策まとめ

物が捨てられない理由は、その物を捨てることで悪い影響がでるんじゃないかという不安です。

その物を捨てても自分は大丈夫!と安心できれば、躊躇いなく物を捨てることができるようになるはずです。

結構やりやすいのが言い訳を作ること。

「ルールに従っただけだから自分は悪くない」と言い訳できると安心します、一度やってみてください。