価値観が違う人とは無理に付き合う必要がない

最初に結論を言っておくと、こいつ無理だわ…と思ってしまったら出来る限り距離を置くことをおすすめします。

どう頑張っても合わない人は合いません。

価値観がちがう人とは距離を置く

距離を置くべき理由は以下。

  1. 人はそもそも分かり合えない
  2. 相手を変えるのは無理
  3. お互いが一緒にいるとストレス

人はそもそも分かり合えない

まず、分かり合えると思って接すること自体が間違いです。

それぞれの家庭環境や関わってきた周りの人間が違います。

今住んでいる場所も生活リズムもなにもかもが違います。

各々が「正しいこと」が違うので、完全に分かりあうことは出来ません。

例えば親に1万円を貰ったとします。

お金持ちの家に生まれると1万円は毎月貰えるお小遣いかもしれません。一方で貧乏な家に生まれると1万円はお小遣いを何年も貯めてようやく…という高額なお金かもしれません。

そんな二人が1万円貰った反応は同じでしょうか?

僕たちは、そんな「人と違う条件」をたくさん持って生きています。

完全に同じ人間と出会うのは難しいです。

相手を変えるのは無理

自分が既に、「分かり合えない」と思っている相手を変えるのはとても難しいです。時間もかかりますしメンタル的にもしんどいです。

僕も相手もそれぞれが自分が正しいと思って行動しているので、まず変わらない。というより変えられない。なぜなら無駄なプライドがあるから。

僕も最初は相手を変えようと思って毎回話をして説得するようにしていましたが、毎回会うたびにメンタルがゴリゴリ削られて消耗していたので、考え方を変えると楽に生きられるようになりました。

関連記事:楽に生きるための7つの方法

相手を変えている余裕はない

相手を変えるってすごく傲慢なことです。自分のことで精一杯なので、相手のことまで考えてられません。

冷たい言い方ですが、相手が合っていても間違っていても自分には関係ないです。僕は僕、人は人です。

そんなことをしている時間があれば、自分に集中して強化しましょう。

自分が結果を残せば、相手は勝手に尊敬してくれます。

お互いにデメリットしかない

気の合わない人と一緒にいると、自分も相手もいつもの状況と違ってやりたいことは出来ないし、話も合わないし、ほんとにストレスが溜まります。

自分に素直になれば人間関係は最適化される

自分から寄っていくか、相手から寄ってくるかの2パターンしかない

人と関わるパターンは2通りあって、自分から関わっていくか、相手から関わってくるかのどっちかです。

こういう時は、シンプルに考えます。

  • 自分が仲良くしたい人に積極的に関わる
  • 本音を出して、それでも寄ってくる人と仲良くする

本音で生きることが一番楽

実は野球が好きでサッカー嫌いなのに、サッカー好きですって言っていると、寄ってくる人はサッカー好きの人しかいません。

野球が好きで野球の話がしたいなら、ちゃんと本音で「野球が好き」だと言わないと伝わらない。周りの友達がみんなサッカーが好きだからって無理に合わせなくても良い。というか無理に合わせてるのはしんどくないですか?

僕は、小学校・中学校のときに自分と友達になるひとはいるのか?と思っていましたが、高校・大学でめっちゃ仲が良いひとと出会えた。

もうちょっと広い視野を持って、目の前ばかり見ずにい 生きれば良いんじゃないかなと思います。

まとめ

価値観が合わないと思ったら、まずは距離を置くことを考える。

合わない人に無理やり合わせることを考えるより、自分と合う人を探す方が簡単です。

そして自分と合う人の探し方は、自分の本音を言い続けること。そして今より広い範囲で探すこと。他の地域とか海外とかネットとか。