MENU

けからき

ミニマリスト大学生。

  • 旅行のノウハウ
  • 英語の勉強法
  • ミニマリズム
について発信します。

楽に生きるための7つの方法

楽に生きる方法

  • 人生しんどいなぁって思っている人
  • ついつい考え込んでしまって疲れるという人

そんな人に伝えたい、

楽に生きる方法や楽に生きるコツについてまとめました。

楽に生きることってなんだかダメなことなようなイメージがありますが、そりゃあ楽に生きられるなら楽な方が良いに決まっています。

逆に言いたい、楽じゃなかったら良いのか?と。

修行僧じゃないんだから、なんでわざわざ無駄にしんどく生きなければいけないんですか。

もっと楽にいきましょう。

楽に生きる7つの方法

他人に期待しない

期待するから裏切られてしんどくなります。

「お金を貸すときは返ってこない前提でお金を渡しましょう」というのは有名ですよね。

友達が約束に遅刻してきても、そもそも時間ちょうどに来ないと考えて行動していれば、イライラせずにすみます。

面倒なものや人から逃げる

人に馬鹿にされても放ったらかしにしてます。人を馬鹿にする人は大した人間ではありません。

中途半端に関わると面倒なので、徹底的に避けましょう。

「いや逃げられるならこんなことは言わない」ってときは、できる限り考えないようにしましょう。

理不尽に怒られても「ああ、この人すごくイライラしているなぁ…可哀想に…」と他人事のように考えてしまえば、少し心が軽くなります。

プライドは捨てる

僕も含めて、ほとんどの人は大した人間じゃありません。

でもなぜか自分を大きく見せたがります。

自分を大きく見せるのってめっちゃしんどいです。常に気を張ってないとできません。

自分の欠点を素直に認めると今よりもっと楽に生きられます。

例えば、何か失敗をしたり人に怒られても「まあ実際、自分は大したことないからなぁ。そりゃあ失敗もするでしょうねー」ぐらいに考える良いかと。

人と比べない

上には上がいるし下を見ればいくらでもいます。比べる相手は過去の自分だけにしましょう。

お金に関してが一番わかりやすい例ですが、年収が300万の人もいれば500万の人もいますし1000万を超えている人もいます。上を見ても下を見てもキリがありません

もう人と比べるのはやめましょうよ。自分が去年より昨日より良くなってたらそれで良くないですか?

他人の目を気にしない

人の目を気にしてしまうとめっちゃストレスです。

学生時代、人の目ばかり気にして生きてきた僕はそれを本当に感じます。

他人からどう思われるかばかり気にしていると、自分の行動の理由が「自分がやりたいから」ではなくて「どうすれば嫌われないか」に変わってしまいます。

ホント全く楽しくないですよ。

今でこそ言える話ですが、あの当時はホントに小さい世界で生きてたなぁと思います。学校を卒業したら、当時嫌だった人と一回も会うことはありませんでした。

何をあんなに怖がってたのだろうかと思うと同時に、今人に嫌われることを怖がっているなら「そこだけが世界の全てではないよ」って言いたいですね。

欲張らずに一つのことに集中する

同時にいろいろとやっていると結局そのどれにも集中することができません。全部が中途半端になってしまいます。

やることがたくさんある場合は、どれが最優先かを考えてみてください。最優先っていうのは一つだけですよ。「最」ですから!

自分でコントロールできないことは割り切って真剣に考えない

どう頑張っても自分ではコントロールできないことは多い。

ちなみに僕は、全ては自己責任だと思っています。

裏を返せば、自分でどうにかできないことはさっさと諦めて考えるのをやめるということ。

自分がやらないといけないのか、自分にしかできないことなのかを一度考えてみるのも大事です。

自分にしか出来ない!と思って頑張っていても、風邪で休んだらバイトが自分なしでもうまく回ってたってこともあります。

自分がやらなくてもよいことや、自分ではどうにもならないことに対して真剣に考えていたら時間もメンタルも足りません。

楽に生きる方法のまとめ

他人に対しても自分に対しても、期待しすぎていることが大きなストレスになっています。

最近は、何かミスをすればすぐに揚げ足を取られますし、寄ってたかっていじめられます。

外を出歩いていても、不機嫌そうな人や頭のおかしい人がたくさんいます。

僕が特に言いたいことは二つです。

  • 他人にも自分にも過度な期待をしないこと
  • 頭のおかしい人からは何もせず全力で逃げること

これさえ覚えておけば、今より少し気持ちが楽に生きられるようになるはずです。

以上、「楽に生きる方法」でした。

Feedly
SHARE