生きたお金の使い方をしよう

お金の使い方

あなたは、自分のお金の使い方について考えたことはありますか?

お金って使い方が本当に大切。

特にお金がなくて困っている人ほど真剣にお金の使い方について考えるべきです。

なぜ生きたお金の使い方を目指すべきなのか

使えるお金が少ない⇒効率よくお金を使う必要があるから

お金がたくさんあるなら全部買えばいいですが、僕たちはなんでも買えるお金は持っていない。

なんでもコスパを上げるしかない。これがホンマのところですよね。

だからこそ何にお金を使うのか、どうすれば一番効率よくお金を回せるのかをお金もちの人以上に考える必要があります。

貧乏な人は単純に収入が少ないことも原因ですが、お金の使い方が下手な人が多いです。

お金がない人ほどタバコを吸うしお酒も飲むしギャンブルもやっている人が多い。もちろんそこにお金を使うのが悪いことではありませんが、お酒もタバコも嗜好品、いわば贅沢です。お金を持っている人が買うものです。

この資本主義社会でより良い生活を目指すのであれば、お金の使い方をよくすることは必須。

無駄なことにお金を使わないのは当たり前、僕の実家でもそうでした。多くの一般家庭でもそこまでは考えられています。しかし、その先まで考えている人は少ないです。

具体的にどんな使い方が良いのか

では具体的にどのようにお金を使っていくことがベストなのか。

前に調べたことがありまして、お金の使い方って調べたら良く出てくることが資産運用。結構多くの頭良い人が勧めているのですが、僕はおすすめできないです。

資産運用はおすすめできない理由

正直に言ってお金がない人が資産運用をしても大して意味がないと思っています。あれこそお金持ちがやることですし…

考えてみてください。仮に年間5%増えるとしても100万運用して5万円、1000万運用して50万しか増えません。元のお金が少なければ、効果が出にくいんです。

あなたは資産運用に何円ぐらい使えますか?僕は逆立ちしても1000万なんて出せませんよ。そんな貧乏人が資産運用して何円稼げるんですかね。

長期間すれば複利の効果でお金が増えやすいのは知っていますが、それもある程度お金を持っている場合の話。

100万円がポンと出せるレベルでない場合は、自分の価値を上げることにお金を使ったほうが効率が良いです

『使って終わり』ではなく『次のお金に繋がる』使い方

僕が今心がけているお金の使い方は、お金を生み出すためにお金を使うことです。

買う→よかった→おしまい、ではお金の使い方として少し勿体ないように思います。僕たちはもう一歩先を見たお金の使い方をしましょう。つまりお金を生み出す使い方をしましょうってことですね。

  • 無印良品の商品ばかり買って『無印良品に詳しい人』としてマネタイズ

例えば、生活で使う物を全て無印良品で購入するようにすれば、当然あなたは無印良品の商品に詳しくなりますよね。

そうすれば、あなたがおすすめする無印良品の商品は『無印良品に詳しい人がおすすめしている安心して購入できる商品』になります。それをブログなどで紹介することでお金が生まれます。

おすすめは知識にお金をかけること

知識にお金をかけることが一番コスパが良いと僕は感じました。

例えば、英語の勉強にお金をかける→英語が上達する→良い会社に入れる、英語を使ってビジネスができる、海外の安い商品を自分で購入することができる、など英語の勉強に数万円使ったとしても必ず将来的に使ったお金以上に得をすることができるようになります。

先程もいいましたが、お金がないからこそお金の使い方を真剣に考えるべきだと僕は思います。

スマホゲームに課金すれば、強いキャラは手に入るかも知れませんが、あなた自身は1ミリも成長しません。お金がないけど、買いたいものがあるとかやりたいことがあってお金が欲しいなら、本などの知識にお金を使って収入を増やすことが最優先だと思いませんか?

ソシャゲに課金できるのは富裕層だけですし、遊びにお金が使えるのは、生活に余裕がある人だけ。

生まれたときから富裕層でお金がたくさんある人と、僕たちは競っていかなあかんのです。

僕が使っているサービス

僕が今使っているサービスなのですが、この二つは非常にコスパの良いお金の使い方。月額制なので、一回払ってしまえば後は自分の頑張り次第で元が取れるかどうかが変わってきます。

最初の1ヶ月は無料で使うことができるので、迷っているならとりあえず登録して使ってみてから判断することをおすすめします。

お金がないからこそ『生きたお金の使い方』をするべき

まとめ。

お金がないなら、無駄なところにお金を使わずに必要なところに使うべきです。

そして、それがしっかりと出来ているのであれば、「次のお金を生み出すことができる使い方」をして、自分の持っているお金の価値をどんどん上げていきましょう。

「いやお前も金ないやんけ!」と思った方は、今後も僕をチェックして僕の言っていることが正しいのかを見守って下さい。