留学前にするべき3つの準備

留学前にすること

こんにちは。

オークエです。

半年後に留学に行くことが決まって、現在はその準備を少しずつ進めているところです。

今回は一年以上の長期留学を予定しているのですが、実は僕は前にフィリピンに1ヶ月の短期留学に行ったことがあります。

その時は準備不足で現地で思ったように結果が出せず悔しい思いをしました。

僕が

「これはやっておけばよかった。」

「今度行くならこれは準備しておこう」

と思っていることをまとめたので、

  • 海外留学に行くときの準備って何をすれば良いか分からない…
  • どうすれば良いのだろう…

と思った方は参考にしてみてください。

留学前に準備することは具体的には3つある

実際に僕がやっておけばよかった…と後悔していることはこの3つです。

  • 英語の勉強
  • コミュニケーション力の向上
  • 体力づくり

英語の勉強

日本でできる勉強は終わらせておく

留学先でなくてもできる勉強は日本で終わらせておいた方が良い。

せっかく海外に行っても、部屋で参考書ばっかり読んで勉強してたらもったいない。

それに留学に行ったらすぐに話せるようになるわけではありませんし、現地に着いてから「日本で勉強しておけばよかった」と言いたくない。

海外に留学に行くなら、海外でしかできないことに全力で取り組めるように準備しておく必要があります。

英単語

英単語を覚えるのは、日本でもできることです。

それに、単語が分からないと何も出来ません。

いくら文法が分かっていても、

リスニングが聴けるようになっても、

単語が分からないと何を言っているか分かりません。

日本語でも、政治家の話す難しい言葉は『聞き取れても意味がわからない』ときがありませんか?

それと同じような感じです。

僕は、現地についてから圧倒的な語彙力のなさに気づきました。

言っていることは、聞こえるんです。

ただ、その言っていることの意味がわからない。

こんなに悲しいことはありません。

瞬間英作文力

会話で大切なことは瞬発力。

日本語で話をしていても話す内容を考えていたら会話のペースについていけません。

これは英語でも同じで、単語が合っている間違っているとかキレイな文法で話せるとかはどうでも良いです。

ようは、自分の言いたいことがスラスラと伝わることが大切なのです。

その部分については、僕もわかっているつもりなので今から留学に行くまでしっかりと準備していきたいと思います。

コミュニケーション力を鍛える

英語が話せるようになっても、話す内容がなければどうしようもないです。

英語といってもただの言語。

そもそもの会話力がなければ英語が理解できるようになっても、人と話すことができません。

僕より英語の成績が悪かった友達と1ヶ月の短期留学に行ったことがあるのですが、その時も(情けないことですが)僕よりその友達のほうが英語喋れていました。

日本について話せるネタを準備

ホームステイ先のホストファミリーや現地の学校で、自分の地元や日本についての話は必ず聞かれます。

行く目的・目標を明確にする

英語を勉強するのは手段であって目的にはなりません。

英語がペラペラになるっていうことは目的ではなくて、

英語がペラペラになったあと英語を使って何がやりたいか・『英語がペラペラに話せる自分』が留学が終わってからどんなことをやっていたいか

を意識することが大切だと思います。

体力づくりをする

基礎体力づくり

慣れない環境で、しかも日本語が通じない場所。

ストレスは想像している以上になるはずです。

普段日本で過ごしているより何倍も体に負担がかかります。

僕は1ヶ月海外旅行に行っただけでも明らかに疲れました。ずっと遊んでストレスなく過ごしていたにも関わらずです。

もっと長期間で更に勉強などもすると考えたら、体力がないと生きていけません。

まとめ:留学前に準備すること

今回は、留学前に準備することについてまとめました。

もう一度軽くまとめると、

留学に行く前にやっておくべきことは

  1. 英語の勉強
  2. 体力づくり
  3. コミュニケーション力をつける

の3つです。

特に英語の勉強は、気を抜かずに継続して行いましょう。

僕も、今から留学に行くまで気を抜かずに勉強を続けたいと思います。