MENU

オークエ

ミニマリスト大学生。

  • 旅行のノウハウ
  • 英語の勉強法
  • ミニマリズム
について発信します。

朝活のスケジュールと1ヶ月やってみて良かったこと

朝活のスケジュール

  • 朝活をやってみたいけど、どんな感じでやっているのだろうか
  • 朝活をやるメリットって何だろうか
  • なぜ朝活を始めたのか気になる

そんな人にために書きました。

僕が朝活を始めた理由は、一言で言えば朝にしか時間を作れなかったからということです。

朝活を始めた理由は夜に集中して勉強できなかったから

朝活のスケジュール

夜に勉強やブログを書こうとしても、集中して作業することができない環境だったので、どうすれば集中できるのかを考えた結果、生活リズムを朝型にするしかないなと思ったのです。

僕が夜に集中できない理由は、大きく3つあります。

仕事終わりで疲れている

朝からフルタイムでアルバイトに行って帰ってきてから勉強しようとしても、疲れていてなかなか集中して勉強することが難しいんです。

集中しようとしても、体が疲れ切って眠いのもあって全く集中できません…

親がテレビを見ている

僕の親はテレビをつけていないと生活できない人間で、起きている間は基本的にテレビをつけています。

僕は一度見てしまうと、親と同様ずっと見てしまうと思っているので頑張って見ないようにはしているのですが、夜のバラエティ番組などは、気になってしまいます。

そして、本人が見ていない時間でも「音を聴いている」という理由でテレビを消すと怒られるので、彼が家にいる時間は集中して勉強することが難しいです。

また毎日彼は2時ぐらいまでその調子でテレビをつけているので、夜寝るまでに勉強時間を確保することは難しいです。

隣の家の子供が奇声をあげていてうるさい

隣に住んでいる家族の子供が、家にいる間は奇声をあげて走り回っていたり、大声で騒ぎながらゲームをしているので、集中できる環境ではありません。

耳栓などをして対応はしているのですが、彼らが窓を全開にして騒ぐのでどうしても声が聞こえてしまいます。

そしてそれが24時ぐらいまで続くので、夜はどうしても時間が取れませんでした。

全員が寝ている時間は朝しか無かった

集中して勉強したいならカフェに行って勉強すれば良いのでしょうが、毎日カフェに行くお金は正直ありません。

  • 隣の家の子供
  • 自分の家族

が確実に静かにしてくれている時間は、全員が寝静まっている朝の時間しかありませんでした。

朝活のタイムスケジュール

朝活のスケジュール

  • 21:30
    就寝
    早く寝ないと明日の朝起きられないので、やることが残っていてもすぐに寝ます。
  • 5:00
    起床
    最初は辛いですが、無理やり起きていると、体が勝手に目覚めてくれるようになります。体内時計が整うってことですね。
  • 5:00~
    目覚める作業
    起きてすぐは寝ぼけているので、顔を洗ったり朝日を浴びたりして、しっかりと起きられるように準備します。
  • 5:30~
    作業開始
    勉強やブログなど、その日にやることをやっています。前日寝る前にやることを決めておくと、迷わずに作業を始められます。
  • 7:30
    朝食
    毎朝7時半に朝食を食べています。学校に行く日もアルバイトがある日も家を出る時間が8時過ぎなのでいつもこの時間に食べるようにしています。

夜は帰ってきたら風呂に入って晩御飯食べて寝るだけ

夜に起きていても時間がもったいないので、家に帰ってきたら晩御飯を食べて風呂に入ったらすぐに寝るようにします。

少しでも気を抜くと親の生活リズムに巻き込まれて寝るのが遅くなってしまうので注意しています。

寝る前にやっていること

明日の朝起きたらやることを書き出すようにしています。

というのも、夜に何かやろうと思っていても朝になると確実に忘れているからです。

せっかく頑張って朝に早く起きても何をするか決めていなくてダラダラ過ごしてしまうともったいないですよ。

できるならやることは細かく分けて書くことをおすすめします。

例えば、「勉強する」よりも「英語のの勉強をする」の方が分かりやすいですし、もっといえば「単語帳のこのページからこのページを覚える」まで細かく書くと良いです。

考えることはできるだけ少なくして、その分作業に頭を使うようにしてください。

朝活をやってみて感じたメリット

朝活のスケジュール

周りが静か

隣の家や僕の家族も全員が寝ていてくれているので、とても静かで良い環境になります。

また自分だけが起きているような感覚で、優越感に浸ることができます。

頭がスッキリする

朝は体も頭も全く疲れていない状態なので、とてもスッキリしています。

今この記事も、朝の5時過ぎに書いていますが、夜に書こうとすればもっと時間がかかってダラダラ書いていたでしょう。

生活リズムが整う

早寝早起きの生活になるので、規則正しい生活を送れるようになります。

人間は本来日の出と共に起きて暗くなったら寝る、そういう生活リズムができています。

その正しい生活リズムに従うことで、より健康的に過ごすことができるというわけです。

また体内時計がしっかりと機能してくれるようになり、21時には眠くなり5時には目覚ましがなくても起きられるようになりました。

使える時間が増える

夜にダラダラとテレビを見ながら過ごす2時間より、朝集中して勉強できる1時間の方が体感では時間が多いように感じます。

5時に起きるとすれば午前中が7時間もあります。お昼になっても「まだお昼か!」と感じるのでめちゃくちゃ時間が増えたように感じます。

自分の意思が強くなった

他人が起きているのに早く寝ること、朝とても眠いのに頑張って早く起きることは、強い意思が必要になります。

最初はめちゃくちゃしんどかったです。

でもしんどいことを続けていったら、「自分はこんなしんどいことを続けられるんや!」という自信がつくようになりました。

まとめ:朝活を始めて生活は間違いなく良くなった

朝活を始めて、僕は自分の時間を持つことができるようになりました。

一度朝活を始めてみると、朝型の生活はメリットがとても多く、毎日スッキリとした一日を送れています。やはり夜型の生活は自分に合っていなかったようですね。

朝に自分の時間を作れるようになったことで、勉強やブログだけでなく、ゆっくり映画を見たり、漫画を読んだりなどもできるようになりました。

毎日「時間がない」と思っているんだったら、朝活を試してみてください。

Feedly
SHARE