1日に何時間も集中して勉強・作業するコツはポモドーロテクニックにある

集中して作業する方法

やることが多くて、全部中途半端になってしまう。

勉強や作業に集中できない。

そんな悩みを解決する方法をまとめてみました。

 

僕はずっと勉強に集中できないことに悩んでいました。

どうして自分は、大学生で時間だけはたくさんあるのに何もできないのかと。

考えてみると答えは簡単で、一日をダラダラと無駄に過ごしてきていることが原因だったのです。

もちろんダラダラ過ごす時間は必要ではあるけども、それが一日中では何もできない。

いや、分かっている。分かってはいるもののどうしても勉強する気になれない。そして勉強の集中力が続かない。

だから僕は勉強時間を短くするにはどうすれば良いか考えたんです。

時間を有効活用するには、時間あたりの質を高める必要がある。

ダラダラと3時間勉強するより、30分だけでも本気で集中して勉強する方が勉強したことが身につく。

つまり生活の質を高めることは、集中して行動するということなんです。

そもそも集中している状態とは?

ひとつひとつ考えていくと、そもそも集中している状態とは何だろうか?と考えてみると、

集中している状態とは

  • 手が止まらずに作業しつづけている状態
  • 脳がそのことだけを考えている状態、つまりその作業以外のことが頭に入ってこない状態

なのではないだろうか。

そして次に、どうすればその状態をキープできるかを考えてみることにした。

どうすれば集中できるのか

何をしているかはっきりしない時間を減らす

YouTube見たりネットでブラウジングしたりSNSのチェックをしたりして色々なことを少しずつやっている時間が一日の中でとても多い。

この何をしているのかわからない時間というものをどれだけ減らせるかということが毎日の生活のなかで時間を有効に活用できるということにつながってくる。

その日一日終わって今日は何してたっけということを考えてみると、結構何をしてたかをはっきり言える時間っていうのが少ない気がする。

もしちゃんと勉強しているのであれば今日の何時から何時は勉強していたとはっきり言えるはず何をしてたかをはっきり言える時間っていうのが少ない気がする。

もしちゃんと勉強しているのであれば今日の何時から何時は勉強していたとはっきり見えるはず。

その場合多くの場合は意味のない無駄な時間になってしまっていると思う。

ではなぜ、そんな無駄な時間ができてしまっているのか?

それは、時間にメリハリがつけられていないから。

集中する時間と休憩する時間がごちゃごちゃになって、全ての時間がダラダラした時間になってしまっている。

やらないといけないことは頭の中にあって、意識にはずっと残っているからダラダラしてはいるもののしっかりと休めていないし楽しめていない。

その結果どちらの時間もイマイチな状態で一日が終わる。

そして寝る前になって、なんで何にもしてなかったんだろうと後悔する。

やることは一つだけに絞る

やることが二つも三つもあると、自分の脳がそれぞれの作業の切り替えをする必要がでてくる。

同時に別のことをして、両方ともに集中するのはとても難しいです。

せっかく集中していたのに、また一から集中しなおすのはとても効率が悪い。

なので、その時やることは一つだけに絞ることで「それだけに集中すれば良い」環境を作ることが大切です。

集中を切らさないためにやること

やることをハッキリと理解する

今から何をするの何をやれば良いのかというのがわからないと作業している途中に迷いが生じる。

迷ってしまうと言う事は集中できていないこと。

事前に行う作業の内容をできるだけ細かく、そしてはっきりと理解しておくことで、迷う時間をなくすことが作業行うことだけに集中する方法である。

例えば英語の勉強すると言っても単語を覚える、文法を覚える、問題集を解く、リスニングをするなどやる事は多い。

英語を勉強すると言う事だけメモしておいても、いざ勉強する時になって単語覚えればいいのか、文法を勉強すればいいのか、リスニングをするのかそれに迷ってしまえば、その作業の切り替えに時間がかかってしまってきっちりと集中することができない。

だから実際に英語を勉強すると言ってちゃんとしているつもりでも、その動作の切り替え時間時間をとられてしまって、ちゃんと勉強できる時間はそこまで長くはないっていうことがよくある。

だからできるだけやることを明確にする。

そして細かく決めておくことというのはとても大切になってくる。

時間を制限する

何時間やるのかをはっきりさせないといつまでダラダラと作業することができてしまう。

なので自身もいつ終わるか分からないから、いつまで集中してやればいいのかわからない最初から最後まで作業に集中することができない。

1時間だったら1時間だけやると考えると1時間しかないからきっちり集中してやらないといけないと言う意識が出てくる。

その1時間作業必ず終えなければいけない危機感が出ることでより集中することができる。

もちろん1日何時間でもその作業に時間を使えるわけではないので、これは当たり前のこと。

なんやけどそれをしっかり認識できている人は実際は多くない。

集中を切らさないために、あえて集中する時間を制限することで自分の集中力を温存することができる。

違う作業を行う

同じことをずっと続けていると飽きてしまうので、一定時間で行う作業を切り替えることでまた新しく集中することができる。

問えば英語の勉強を1時間やるそしてその後1時間別の作業、例えばブログを書くなどを行うことで、ずっと英語の勉強ばかりして英語の勉強に飽きてしまうことを防ぐことができる。

ただこれは人によっては、意識を切り替えることで集中力がなくなってしまう場合があるので、試しながらやることをおすすめする。

集中力を切らさずに作業するならポモドーロテクニックが便利

ポモドーロテクニックとは

25分作業して5分休憩、25分作業して5分休憩の繰り返しを行う。

集中力が長く続かないので短い期間で5分休憩を挟むことによって集中力がなくなってしまうの防ぐ方法。

最初から2時間勉強するぞ!と考えていても、どこかで2時間は長いなぁと思ってしまって始めることがストレスになる。

とりあえず25分だけやると考えた方が気が楽で、作業を始めやすい。

25分間は何があっても一つの作業に集中する

メールやSNSなどが来ても全て無視して5分間の休憩の間に返すようにする。

25分間は、やっている作業に最高の状態で集中できる環境作るそのために25分と言う短い時間で区切っている。

その作業以外に意識を全く向けない。それが一番大切なことです。

他のものは完全に無視する。

5分休憩で行うこと

とりあえず体動かす。

ずっと同じ姿勢で固まっているので体を休める。

僕は休憩時間ごとに必ず立ち上がるようにしている。

体の調子が悪いと、どう頑張っても集中することは難しいので、体を休めることがとても大切。

パソコンを触っている時間が長いとどうしても姿勢が悪くなってしまい、腰や肩が痛くなるので、必ず立ち上がって体を伸ばすようにしている。

SNSやメールの返信

25分の集中している時間の邪魔にならないように、この5分間だけで終わらせるようにしています。

SNSは断捨離してほとんど通知が来ないので、あまり僕には関係ないですが笑

その日のスケジュールの確認

次の予定を頭に入れておくことで作業の間の無駄な時間が減らせる。

これは、「やることをはっきりさせておくことで集中力を逃さない」ことにつながるので結構大切です。

次に何をしようかなーと考える時間は休憩時間なんで、25分間の集中時間でやらないようにします。

自分がおすすめしたいアプリ「Focus」

Focus - 仕事効率化タイマー

Focus – 仕事効率化タイマー

Masterbuilders無料posted withアプリーチ

気に入っている理由

  1. アイコンがシンプル
  2. 機能的にもシンプルながら必要最低限の機能が揃っている

無駄な機能やボタンが付いていると、美しくない。

個人的にはせっかくiPhoneを使っているのだから、美しいアプリを使いたい。

androidからiPhoneに移行してきて一番良かったことは、デザインの美しさ。

だからこそiPhoneで使うアプリは、出来る限り美しいアプリを使いたいと思っている。

ラインとかも、初期の連絡だけできる方が好きでした。

今はタイムラインやゲームなどいろいろ多すぎて逆に邪魔くさいです。

共感できる人いません?笑

集中するには休憩が必要。メリハリが大切。

人間だれしも常に集中し続けることはできないし疲れてしまう。

そして効率が悪い。

何でもそつなくこなす人は、集中力の使い方が上手であって、集中力が多いわけではない。

集中力が切れないようにうまいこと作業しているだけなのだ。

短い時間で成果を出すために、全力で休むことも大切。

5分休憩の間にその他のスケジュールやSNSのチェックをしたり体を動かしてリフレッシュするのは全て25分間集中するためにやること。

自分がどこでポモドーロテクニックを使っているか

  • ブログを書くとき
  • 勉強するとき

など長時間集中して作業するときに使っている。

他人と共同で行うことは、他人の都合でいくらでも動かされてしまうので、自分ひとりで作業が完結することでしか使えない。

まとめ:一つに絞って時間を短くすれば集中できる

  • やることを細かくはっきりさせる
  • 同時にやらず、集中するのは一つだけ
  • ポモドーロテクニックを使う
  • メリハリをきっちりつける

時間があるように見える学生でもダラダラと過ごしていたら一日はすぐに終わる。

毎日、夜寝る前に「今日は時間がたくさんあったのに、なんで勉強してなかったんだろう」と後悔し続けた僕が言うから間違いない笑

実は、時間を決めてきっちりと集中して作業し始めてからの方が映画やYouTube、ゲームを出来る時間が増えたように感じている。

これは体感でしかないけれども、確実に「時間あたりの質」が上がったからじゃないかなと思う。

もしあなたが、もやもやした気持ちでダラダラと生活しているのであれば、この方法を試してみてほしい。

「集中できる」ということは、必ずあなたの生活の質を上げてくれるはずだ。