後悔しないブログのハンドルネームの付け方

handle-name

ブログを書くのであれば、多くの人がハンドルネームを作りますよね。

ハンドルネームの良し悪しで、ブログの印象も大きく変わってきます。

今回は、ブログのハンドルネームの後悔しないつけ方についてお話したいと思います。

実名でなくハンドルネームを作る理由

実名だと失敗できない。

実名を使って作ったブログで失敗してしまうと、どこにも逃げられません。

そして多くの場合、失敗を恐れて意見が言いづらくなります。

実名で書いているブログは、書いた内容が下手すれば明日学校にいけば周りに知れ渡っている可能性もあり、書いた内容が自分の現実の世界に非常に深く関わってしまうので、自分の思ったことを素直に書けなくなる場合があります。

ハンドルネームのほうが目立ちやすい

佐藤さんや田中さんなどは、日本中に何人もいますよね。

全国にたくさんいる佐藤さんの中で目立たないといけないということは、あなたの勝負する相手は「全国の佐藤さん」になってしまいます。

有名な人でなければ、相手の方が「どの佐藤だろう」とわからなくなりますから。

実名でブログを書く場合、自分の本名が目立つ人以外は、ハンドルネームを使うことで自分の名前を覚えてもらいやすくなります。

ハンドルネームを決めるときのポイント

読みやすい名前

  • 読み方がわからない外国語のハンドルネーム
  • 難しい漢字のハンドルネーム
  • 読み方が何種類かあるハンドルネーム

などは避けるべきです。

読者側の立場に立って考えてみるとわかりやすいですね。

自分が「このブログいい!書いている人と連絡を取りたい!」と思っても、名前が読めない…と思うと「名前を聞くのも失礼かなぁ…連絡するのは止めておこう」と思ってしまうはず。

外国語・難しい漢字のハンドルネームの場合

外国語のハンドルネームの場合、最低でも英語の名前。

フランス語とかドイツ語とかもかっこいいかもしれませんが、何人がその単語読めますか?

名乗る度に横に(◯◯)とかでフリガナつけたら読めますけど、それでは逆に格好悪いですよね。

難しい漢字も同様に、読めないと意味がないです。

読み方が複数あるハンドルネームについて。

例えば、「上手」というハンドルネームにしたとします。(適当ですが笑)

「じょうず」と読むのか「かみて」と読むのか、読者としてはわからないですよね。

この場合も、間違って読んだら申し訳ないなと思われてしまう可能性があります。

人とかぶっていないか

僕が現在、ハンドルネームを変えようか迷っている一番の原因がコレです。

ハンドルネームを作る理由の一つは、目立つため・覚えてもらうためですよね。

目立つように本名と違う名前をつけたのにもかかわらず、他にも同じ名前の人がたくさんいれば、せっかくハンドルネームを作った意味がなくなってしまいます。

それに大物のブロガーさんが同じ名前を使っていたら致命的です。パクリか劣化版扱いされて終わりですね。

せっかくハンドルネームにしたのだら、自分が名乗れば「あの人か!」とすぐにわかる名前にしたいと思います。

実名でなくハンドルネームを使う理由でもあります。目立つ名前をつけましょう!

自分が名乗って恥ずかしくないハンドルネームにするべき

これは、単純に自分が途中で恥ずかしくなってハンドルネームを変えたくなるからです。

ハンドルネームは一生付き合っていく気持ちでつけたほうがいいと思います。(変えようか迷っている人が言うこと場ではないですが笑)

こんな名前は避けるべき!

◯◯ちゃん・◯◯くんなどは、相手が呼びにくいのでダメ

◯◯ちゃんさん?◯◯くんさん?それとも◯◯ちゃん・◯◯くんだけで良いのかな?と読者を混乱させてしまいます。

事前に、「◯◯ちゃんと呼んでください。〜さんはいらないですよ。」とか言っていればと大丈夫だとは思います。

特化した名前

「サッカー大好き小僧」とか名乗っている人が、サッカーのことを全く書いていなければ「なんやこいつ?」と思いますよね。

ハンドルネームのイメージで書いている文章のイメージも変わりますから、色々な状況に対応できるハンドルネームのほうが良いと思います。

具体的なハンドルネームの決め方

ハンドルネームを決める時の考え方はわかったけど、具体的にどうすればいいの?という人の為に具体的なハンドルネームの考え方をご紹介します。

本名を少しイジる

自分の本名を少し変えてハンドルネームとして使うのは、考えるのも楽ですし自分も馴染みやすいです。

欠点としては人と被りやすいことでしょうか?ひねりが無い分誰でも考えつきそうな名前は、使っている人が多そうです。

自分のあだ名やニックネームを使う

自分が呼ばれているあだ名やニックネームがある人は、その名前を使うのも良いですね。

あなたをよく知る友人や家族には、すぐにバレそうですが笑

並び替え(アナグラム)

自分の名前やあだ名などの意味のある言葉を、適当に並べ替えて使うことも人によってはおすすめです。

この方法は、その人の名前によって合う合わないがあるので、自分の名前でイイ感じのハンドルネームが作れた人は使ってみてください。

ひらがなやカタカナ、ローマ字に直して並び替えるとうまく作れるかもしれません。

好きな物やキャラクターなどの名前を使う

自分が好きな場所や物、漫画のキャラクターの名前などからハンドルネームを考えることで良いハンドルネームが浮かぶ場合があります。

パッと見では意味が分からない名前

これは正直センスです。意味の分からない単語に人は興味が湧くと思います。普通の名前じゃないから、余計に目についてしまって覚えるんです。

ブログを書いていて名前を覚えてもらいたいのであれば、こういった個性的な名前をつけることができれば良いんですけどね…

まとめ

ハンドルネームは、非常に大事なものです。

そして一度決めてしまうと変えることは難しいです。

自分の納得するハンドルネームを考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください