海外旅行用のカバンの選び方

海外旅行のバッグ

こんにちは。

れふま(@0fuma)です。

今回は、旅行用のバッグの選び方について。

旅行用のバッグってたくさん旅行に行く人以外は、普段使うことがないのでどれを選べば良いか分かりにくいですよね。

お店に見に行って気に入ったデザインのバッグを買うのも良いですが、旅用のカバンって結構よいお値段します。

高額な買い物を失敗しないためにも、海外旅行用のカバンの選び方のポイントを紹介していきます。

持っていくバッグは2種類

メインバッグとサブバッグの二つ持って行きます。

メインバッグは、スーツケースなどの大きなバッグ。

荷物を全部入れておく用。

サブバッグは、メインバッグをホテルに置いて、街歩きなどで使う。

普段出かけるときに使っているようなカバンです。

ここからは、それぞれの選び方を説明していきます。

メインバッグの選び方

共通して言えることは、機内持ち込みできるサイズ・重量に収めること

メインバッグはこのように何種類かありますが、

バッグの種類

  • スーツケース
  • バックパック
  • ボストンバッグ
  • 2way,3wayバッグ
  • キャリー付きバックパック

どのバッグを選んでも共通しておすすめしたいことが、機内持ち込みできるサイズに収めること。

航空会社によって持ち込みできるサイズは違いますが、容量が大体30L~40Lぐらいのサイズがギリギリのサイズです。

これ以上大きいカバンを持って行くと、飛行機に預ける必要が出てきます。

荷物を預けることの何が良くないのか。

それは、

荷物を預けると、空港で受け取るのに時間がかかってしまうこと、

自分のバッグがちゃんと空港に届けられずに、荷物を無くしてしまう可能性もあること(実際に僕の友達も荷物が届かなかったことがあり、後日届くまでパスポートと財布だけで過ごしていました。)、

そして、安い飛行機だと預けるだけで追加でお金を支払う必要があること

です。

LCCと呼ばれる安い飛行機は、安い分どこかでコストカットをしています。

座席が狭かったり…機内食が無かったり…

その中に、預け入れの荷物は別にお金を支払ってもらいますよ~というのもあるのです。

どうしても荷物を減らせない場合はしょうがないですが、できたら節約のためにも、荷物の管理のためにも、自分の荷物は常に自分で持っておきましょう。

それぞれのバッグの特徴

スーツケース

スーツケース

海外旅行といえば、大体の人がイメージするのがスーツケース。

やっぱり転がして運べるのは、めっちゃ楽。

そして、大きなスーツケースは上に座って進める笑

思いっきり子供っぽいですが、なぜかやってしまう魔力がスーツケースにはありますね笑

ただ、道が悪い場所や階段などで転がして運べない場合は、後述のバックパックと比べて重いので、運ぶのが面倒。

そして、ホテルで広げるときに場所をとるので、狭い部屋に宿泊するときは、開け閉めが邪魔くさいと感じました。

バックパックなどは、荷物を取り出す際もチャックの開け閉めぐらいなので狭い場所でも気になりませんが、スーツケースは広げるのが面倒。

空港で、スーツケースの中身を出そうとして床に広げた経験もありますが、めっちゃ目立ちますし、いかにも旅慣れしてなさそうに見えます。

あとは、スーツケースはしっかりとした作りになっているので、それがメリットでありデメリットだと言えます。

というのも、セキュリティはしっかりしてますがその分重いので、機内持ち込みの重量制限を超えてしまうかもしれません。

バックパック

バックパック

いかにも旅慣れしていそうな、いわゆるバックパッカーと呼ばれている人達は、このバックパックから語源がきています。

バックパックの良いところは、移動が楽なところ。

バスや電車などでいろいろと動く場合は、スーツケースを一々持ち上げるより、ずっとバックパックを背負っている方が圧倒的に楽です。

構造的に、長時間背負っていても疲れにくいようになっているので、移動が多い旅行にはおススメです。

一方デメリットとしては、

構造的に、奥の方に入れた荷物は全部の荷物を出さないと取れない場合があることですね。

スーツケースのように、パカっと開けて中身をすぐに取り出すのは難しいです。

ホテルや空港で、パスポートがカバンの奥の方に入っていて出さないといけないということになると邪魔くさいと思います。

ボストンバッグ

ボストンバッグ

口が開きやすくて、中の荷物が取り出しやすいことが特徴。

持ち運びは、片手で持ち運ぶので邪魔くさい上、手がふさがってしまいますが、レザーのボストンバッグってオシャレな感じで使ってみたいですよね~。

2way,3wayバッグ

持ち方が何種類かあり、状況に応じて使い分けることができることが特徴。

使いこなせば便利ではあるものの、実際に使ってみると、変形させるのが邪魔くさくて旅行中ずっとバックパック型にしていました笑

キャリー付きのバックパック

バックパックとスーツケースのいいとこどりのようなバッグ。

個人的には、バックパックとしては重くなるしスーツケースとしては中途半端に感じた。

転がして運んだあとに背負うと、キャリーの部分の汚れが背中についてしまったこともあり、個人的には評価は微妙なところ。

サブバッグの選び方

デイバッグ

サブバッグは、日本で普段使っているバッグのような感じ。

出かけるときの荷物だけ入れておくバッグ。

僕は、リュックサックをよく使っています。

日本で使い慣れているということも理由の一つですが、両手が空くってことはやっぱり便利。

ただ海外旅行で使うので、

大切なのは、防犯対策はキッチリとすること。

スリに遭うかもしれないので、チャックがしっかりとしまるタイプのバッグが良いです。

まとめ:最初はスーツケースがおすすめ

僕は、スーツケースもバックパックも両方使ったことがありますが、まずはスーツケースの方がおすすめです。

スーツケースなら荷物を入れる順番や場所を考えなくても良いですし、形が四角なので荷物も入れやすいです。

なにより、転がして運べると体力的にめっちゃ楽。

旅行って想像している以上に疲れます。

どこまで体力を温存できるかは、重要なポイントです!

いつも旅行にいくわけではないから、新しく買うのはなぁ…

と思っているなら、スーツケースのレンタルもおすすめです。

数千円で借りることができるので、試してみてください。