ブログの音声入力を試してみた

音声入力

ブログを書くスピードを上げたい。

書くことは多いけど、キーボードを打つのがめんどくさい。

そんなときに役に立つのが音声入力。

ブログをたくさん書きたいけど、指が疲れて入力するのが面倒なときがあるので、僕も音声入力を使うことにしました。

ブログを音声入力で作る方法

今やっているブログの書き方はこんな感じです。

  1. 手打ちでアウトライン作成。見出しと本文のメモ書きを作る。
  2. 本文は音声入力で。
  3. 文章の推敲
  4. 画像の作成やアイキャッチ等最終調整

1、アウトライン作成

思いついた順番に適当に書いてうまいこと書ける文才はないので、まずはその記事の大まかな中身を決めます。

この記事で言うならば、大見出しの

  • 音声入力での作り方
  • メリット・デメリット

をまず決めて、そこから小見出しで調整していく感じです。

ここは、キーボードで入力しています。

短いですし記事の基礎になる部分なので、キーボード入力で書いていきます。

2、本文を書く

ここで音声入力の出番です。

音声入力の使いどころは、長い文章を書くところ。

入力途中で間違っていると気づいても、そのまま最後まで音声で書き続けます。

言いたいことを全部書いて後で修正するので、とにかく多く書くことを意識しています。

3、文章の修正

音声入力で間違って書かれている部分をキーボード入力で修正していきます。

修正するのが面倒だと思うかもしれませんが、全部キーボードで入力するより圧倒的に楽です。

4、最終調整

見やすいように画像を入れたり、別の記事へのリンクを入れたりなどの最終調整をします。

音声入力のメリットとデメリット

メリット

  1. 手が疲れない
  2. スピードが速い
  3. 画面を見なくても良いので、目にも優しい
  4. スマホで記事が書けるので場所が限定されない

キーボードで書くことに慣れていないので、まだブラインドタッチができません。

手元を見ながら文字を売っているので、やはり音声入力と比べるとスピードも違いますし、書くことのストレスも結構違います。

漢字の変換などが地味に面倒なのですが、音声入力は文章の流れで即座に変換してくれるので、キーボードに慣れていない僕にとっては速さが段違いです。

ほんとに話しているだけなので文字を入力するときにキーボードを探す時間がかかりません。

そしてキーボードで入力する場合は、画面を見ながらその都度文字を修正して書いていくので目がしんどい。

ぶっ通しで何時間も画面を見ていると肩がこるタイプなので、ブログを書き終わったら肩がガチガチになっています。

音声入力はその点、画面を見ても見なくても同じです。

途中で修正をすることがなく、後でキーボードで修正するので画面を見ずに適当に話します。

考えていることを口で話す練習にもなって一石二鳥です。

デメリット

  1. 周りの環境で出来ない時がある
  2. 誤字脱字、句読点など修正が必要

音声入力のデメリットは、やはり周りの状況によってできる場所とできない場所があることです。

周りの目を気にしてしまって、電車やカフェの中では僕は音声入力ではブログ書けません。

自宅でも、プライベートなスペースが風呂とトイレぐらいなので、周りに家族がいる場合は恥ずかしくて出来ません。

周りから見たら、ひとりごとをブツブツ言っている変な人ですから、周りの状況を考えてやるか周りを気にしないメンタルを作るかどっちかですね。

音声入力はスマホが使いやすい

パソコンでも音声入力ができるのですが、僕はほとんどスマホで音声入力をしています。

パソコンよりスマホを使っている時間が長いこともあって、スマホのほうがキーボードでの修正が早いので便利です。

まとめ:音声入力で書くとブログがはかどるよ

個人的に、ブログを書いている目的が「自分の意見を発信する練習」でもあるので、音声入力は人と話す練習にもなります。

パソコンばかりやっていると、口の動かし方を忘れてしまうことがあるのでいいリハビリにもなりますし。

ブログを書く時間がないなぁ

キーボード入力になれていないから、1記事書くのに時間がかかってしまうなぁ

という人は、音声入力を使って書いてみてはいかがでしょうか?