ネットカフェで快適に宿泊するコツや持ち物をまとめてみた

ネカフェで泊まる持ち物

こんばんは。れふまです。

先日、終電を逃して、一緒に飲む人もいなかったので、ネットカフェに泊まりました。

1500円ぐらいで一泊できるので、そりゃあ生活する人もいるよなぁと思います。

カプセルホテルとかでも3000円ぐらいかかりますし。

今回は、初めてネットカフェに泊まろうと考えている人に向けてネットカフェで宿泊するときの注意点などをまとめました。

この記事はこんな人におすすめ
  • 終電逃してしまった人
  • お金が無くて安く寝泊まりしたい人
  • ネカフェでもぐっすり寝たい人

ネットカフェはこんなところ

料金体制

まず、お金の話。

最初に入った時はどうすれば良いか分からないと思うので、書いておきますね。

ネットカフェは基本的に後払いなので、出ていく時にお支払いです。

8時間パックやナイトパックなどのパック料金もありますが、多くのネットカフェでは支払いの値段は滞在した時間で自動的に計算されるので、気にしなくても大丈夫。

入り方

  1. 最初に受付に行く
  2. 初めてのお店なら、会員カードを作る
  3. 店員さんに自分の席を教えてもらう

ぐらいです。ほんとにカンタン。

初めて行くネットカフェは、会員カードを作らされます。

年齢確認も含めているんでしょう。

名前と住所と電話番号ぐらいしか書きません。

メモ
18歳未満は宿泊できないので注意!

サービス内容

シャワーがあったりマッサージチェアがあるお店もあります。

これは、ほんとに店によります。

シャワーがあるお店なら当たりですね。

入る前にそのお店に、何があるかネットで調べておきましょう。

快適に寝るコツ

フラットシートを選ぶ

ネットカフェのシートには何種類かありますが、一番寝やすいのはフラットシートと呼ばれているタイプ。絶対にコレがおすすめです。

他のタイプは基本”イス”ですが、フラットシートは”ゆか”です。

ギリギリ体を伸ばして寝ることができます。

他のタイプだと、どんなに倒してもイスはイスなので車や飛行機、バスなどでイスを倒した感じになって熟睡することが難しいです。

なのでネットカフェで寝る場合は、フラットシートを必ず選ぶようにしましょう。

個室に入る前にやることを全て終わらせておく

一度個室に入ってくつろいでしまえばもう一度出るのが面倒になってくるので、やることを先に済ませてから個室に向かいましょう。

  • トイレに行ったり
  • 寝る前に読む漫画を持ってきたり
  • 飲み物を確保しておいたり

などなど、座り込んでしまう前にやっておきます。

疲れているときは、マジで一回座ると起き上がれません笑

貴重品の管理を徹底する

ネットカフェの扉は、鍵がかかっていないところがほとんど。

自分の貴重品の管理は徹底しましょう。

盗まれても自己責任です。

何も鍵などを持っていなかった場合は、僕はリュックに貴重品を入れてチャックの取っ手が自分の下になるようにして枕代わりに寝ていました。

そうすると、そのリュックを開けようとするとわざわざ僕の体の下に手を入れないといけなくなるので少しは予防になるかと思います。

もっとも、大体のネットカフェではフラットシートの個室には貴重品入れがあるので安心してください。

個室の入り口に目隠しをする

個室の入り口が透明になっている店も多く、外から中が見えやすいです。

寝ている時に外から見えるのは精神衛生上良くないので、ブランケットなどをドアにかけて目隠しをしておくと良い。

多分周りの人もやっているので見ればすぐにわかります。

禁煙席を選ぶ

個室といっても仕切りがあるだけなので、上からいくらでも煙がくる。

タバコの匂いに耐えられない人は必ず禁煙席をえらぶようにしましょう。

あと個人的にですが、喫煙席にいる人は変な人やめんどくさい人が多いので、できるだけ関わらないのが無難です。

ネットカフェ・漫画喫茶で泊まるときの持ち物

ネットカフェに宿泊するときにあると便利なモノをまとめました。

耳栓

周りの人がうるさいことはしょっちゅう有る話なので、耳栓を持っていきましょう。

僕は、耳栓持っていなかったのでイヤホンで代用してました。

created by Rinker
Moldex
¥380 (2018/10/23 13:29:08時点 Amazon調べ-詳細)

マスク

ネットカフェの中は常にエアコンが効いてるので、寝て起きたら口が乾燥してしまいます。

風邪をひかないためにもマスクは必須です。

created by Rinker
白元アース
¥560 (2018/10/23 13:29:08時点 Amazon調べ-詳細)

防寒具

フラットタイプの個室には一人1つブランケットを準備してくれているお店が多いです。

しかしブランケットは扉の目隠しに使ってしまうので、寝る時に身体の上にかけられるモノを一枚持っていくことをおすすめします。

スマホの充電器

朝起きたらスマホの充電は満タンにしておきたいですよね。

僕は、この1つ二役の最高のモバイルバッテリーを購入してから常に持ち歩くようにしています。

値段も安くて、ホンマにおススメ。

Anker power fusion5000 Anker『 PowerCore Fusion 5000』レビュー。使って分かったメリットとデメリット

アイマスク

ネットカフェは基本的に薄暗くされていますが、どうしても眩しい場合や真っ暗でないと眠れない人はアイマスクを持っていきましょう。

それに真っ暗のほうが疲れがとれる気がしますよね笑

僕はアイマスクを持っていない時は、ハンカチで目を覆って代用しています。

案外それもなんとかなりますよ。

歯磨きシート

海外旅行のときに使っていたものですが、水が無くても歯を磨くことができるスグレモノ。

急遽どこかに泊まるときなどにはとても便利です。

アルコール除菌シート

お店の人が毎回掃除はしてくれていますが、スタッフも人間なので気になる場所があるかもしれません。

ササッと拭ける除菌シートを持っていると手早くキレイに出来ます。

ネカフェだけでなく他の場所でも使えるので持っておいて損はないかと。

ネカフェでの朝の起き方

目覚ましをかけると周りに迷惑がかかる

周りの人は、静かに本を読んでいるかもしれませんし、今から寝るところだったかもしれません。

他の人の迷惑になるのでアラームを鳴らすのはやめておきましょう。

イヤホンからだけ音が出るアプリ

イヤホン目覚まし時計

イヤホン目覚まし時計

Yuki Kubota無料posted withアプリーチ

iPhoneに元々あるアラームだと、イヤホンをつけていてもiPhone本体から音が出てしまいます。

でもこのアプリならイヤホンから音が出るので、周りに気づかれずにアラームを鳴らすことが出来ます。

まとめ:ネットカフェで寝られるようになると安上がり

ネットカフェで寝ることに慣れてくれば、どこに行っても安く宿泊できます。

ドリンク飲み放題に漫画読み放題、個室で一人の空間もあるので、泊まったことが無い人が想像しているより10倍快適。

今後も近くにあればネカフェで泊まろうと思います。

あ、マスクと充電器は必須ですよ!

ではでは。