iPhoneのホーム画面を整理して使いやすく!ミニマリスト流1画面にまとめるコツ!

iPhone ホーム画面

あなたのiPhoneのホーム画面は、キレイになっていますか?

ミニマリストは断捨離をして部屋はキレイに片付いている人はいますが、パソコンやスマホの中は気付かずにぐちゃぐちゃになっている人がよくいます。

僕も、ポイントカードを断捨離したときに代わりにスマホアプリをインストールして、一時的にゴチャゴチャになっていたこともありますよ。

でも、部屋の整理もスマホのホーム画面の整理も同じこと。

部屋だけスッキリしてもスマホの画面がゴチャゴチャしていたら、気分的にスッキリしません。

スッキリしたホーム画面を作って、あなたの部屋のようにスッキリさせてしまいましょう!

この記事はこんな人におすすめ
  • iPhoneにたくさんアプリが入っている人
  • iPhoneのホーム画面がゴチャゴチャしている人
  • 気がついたらスマホでゲームしたりYouTubeを見てしまっている人

僕のiPhoneのホーム画面はこんな感じ

iPhoneをスクショ

僕の現在のホーム画面はこんな感じになっています。

2ページ目もなくしてこの画面だけにしているので、めっちゃシンプル。

こだわったポイント

白い背景にした

白い壁紙を設定することで、余計な色に目を奪われないようにしています。

昔は壁紙にも好きな画像を使っていたのですが、アプリを置いたら結局あまり見えないなと思って白一色にしました。

背景が白いことで、配置しているアプリがより強調されて美しいホーム画面になっています。

ここからダウンロードできます⇒全部白い壁紙2

白いアイコンを作ってアプリの位置を調整した

白い背景に溶け込むようにアイコンでアプリの位置を調整しました。

Safariで全部白い壁紙をダウンロードできるサイトをホーム画面に追加すれば、白いアイコンを作ることが出来ます。

使わないアプリをひとまとめにして隠した。

白いアイコンを更に活用して、使っていないアプリのフォルダの1ページ目に白いアイコンを置くと全く見えなくした。

ドッグに置くと名前も見えなくなるので完全に隠れるので、すごく気持ちいい!

アプリを断捨離して使うアプリだけを配置

アプリを断捨離して不要なアプリを消しました。

ムダなアプリがたくさん入っていると、ムダに使ってしまう時間も増えますし、自分が今何をするべきかわからなくなってしまいます。

app-danshari iPhoneのアプリを断捨離しました

1画面に全部まとめた

ホームを1画面にまとめることで、画面をスライドしなくてよくなりました。

前は無意識のうちにホーム画面をスライドさせて暇つぶしをしていましたが、それもできなくなりバッテリーの消費も抑えることが出来ました。

アプリは指の届く場所に配置

片手で使うことが多いため、上の方にアプリを配置すると指が届きにくいです。

左手でスマホを触る僕は、使うアプリから左下に並べています。

ドッグには周りが白のアプリを配置して透明感を出す

周りが白いアプリを、白い壁紙で使うとアプリが小さく見えて透明感が出ます。

加えて名前も表示されないので、とてもミニマルな表示に見えてこの感じがたまらなく好きですね。

SNSはウィジェットに表示

LINEのグループが通知がうざいので、ウィジェットに配置してアプリは使わないフォルダに入れました。

重要なLINEはロック画面に通知が来るし通話も直接画面に出てくるので、とてもスッキリして気持ちが良いです。

僕のiPhoneホーム画面の整理方法

1,ホーム画面をデフォルトに戻す

最初にやることは、自分のiPhoneに何のアプリが入っているかを知ること。

設定⇒一般⇒リセット⇒ホーム画面のレイアウトをリセットの順番にホーム画面をリセットしてしまいましょう。

2,使わないアプリをアンインストール

最近使ってないなーというアプリはアンインストールしてしまいましょう。

一回消しても、もう一度インストールすればいい話なので思い切りよくアンインストールしていきます。

純正アプリでもアンインストールできるアプリもあります。

ちなみに僕がアンインストールできるのに残した純正アプリは、

  • メモ
  • 計算機

の2つだけでした。

ヘルスケアとかは消したいんですけど消せませんね…

app-danshari iPhoneのアプリを断捨離しました

3,残ったアプリを全て1つのフォルダにまとめる

使わないアプリをアンインストールしたら、残りのアプリを全て1つのフォルダにまとめてしまいます。

フォルダは1つだけしか作ってはダメです。

フォルダの数が増えると、いつのまにかアプリの数も増えて元通りに戻ってしまいます。

元々Androidを使っていた人なら、iPhoneにメニューを作るイメージだと思ってくださると分かりやすいかと思います。

4,毎日使うアプリだけをフォルダから出して配置する

ホーム画面に直接置くアプリは、毎日使うアプリや何回も起動するアプリだけ。

ムダなアプリを置いてしまうとついついアプリを開いてしまうので、意思の弱い僕はブログ関係とブラウザアプリしかホーム画面に置いていません。

5,白い壁紙を設定して、白いアイコンで調整

僕は手が小さくてiPhoneの画面の上の方は届きにくいので、アプリを下に置くために白いアイコンを作って上の方に置いています。

そして、アプリをまとめているフォルダの1ページ目にも白いアイコンを置いて、ドッグにフォルダを入れると完全に隠すことが出来ます。

メモ

ドッグとは、一番下の4つアプリがおける場所でページをめくっても動かない場所のことです。

まとめ:ミニマリストはホーム画面もスッキリと

iPhoneのホーム画面がスッキリして、ムダにスマホを触ってしまう時間を減らすことが出来ました。

スッキリした部屋を見ることが気持ち良いように、スッキリしたホーム画面を見ても気持ちが良いんですね。

あなたも、この記事を参考にホーム画面を自分なりにカスタマイズしてみてください!