物を捨てると人生が変わる。

持ち物の写真

物を捨てるのって難しいですよね。

自分の財産を捨てるってことですから。

でも、僕は物を捨てることで人生は変わりました。

物は多ければ多いほどよいと信じていましたが、実際に物を減らすと「あっ、何かいいな」と思うことが増えました。

1,自分の持ち物に愛着を持つようになった

物を捨てて持ち物が少なくなればなるほど、一つのモノを使っている時間は長くなります。

そして物を捨てることで、残ったモノは全て僕の好きなモノ。

一つ一つのモノに愛着を持つようになりました。

散々断捨離して物を減らしまくって、それでも残った物っていわば選抜メンバーです。

自分がこれだけは持っておきたいと思っている物です。

大事にしないわけがありません。

2,お金を節約できるようになった

物を捨てて自分の持ち物に愛着を持つようになってから、適当に物を買うことが少なくなりました。

その時点で自分が一番良いと思うものを買うようになり、一つ一つ愛着を持って管理することで、持ち物が壊れたり無くしてしまうことはほとんどなくなりました。

例えば、僕が今使っている文房具は小学校から使っている10年物ばかりです。

大切に使うことで新しく物を買う必要がなくなるので、大幅な節約につながります。

将来的には、食べ物などの消耗品以外は買い物をしなくて済むようになるかもしれません。

3,ストレスが減った

自分の気に入らない物を使っていると、使っている途中に「このペン書きにくいな…」とか「何か使いにくいな…」というストレスが増えます。

そして単純に物の数が減ることで、一つ一つの物を管理する手間が省けます。

「あれどこに置いたかな」と、物があるだけで、自分の頭の中でその物を管理するストレスが地味に出てきます。

物を断捨離するということは、ストレスも断捨離するということです。

4,時間が増えた

ゲーム機や漫画を捨てると、ゲームをする時間や漫画を読んでいる時間が丸々使えるようになりました。

僕は空いた時間でブログを書いたり筋トレをしたりしています。

物を捨てると、その物に使っていた時間をも捨てることができるので、自由な時間を増やすことができました。

5,行動力が上がった

物を捨ててなんだか身軽になった気分です。

上で書いたように時間を増やすことができたので、新しいことを始めやすくなり、行動力が上がりました。

今までは「時間がないから無理」と言って行動できなかったことが多かったのですが、物を捨てるだけで結構アクティブになりますよ。

6,気分がスッキリした

部屋に物がないってそれだけで気分がスッキリします。

先日昔から使っていた学習机を部屋から退けたのですが、机を置いていた時より部屋が広くなりとてもスッキリしました。

その後試しに一度机を元の場所に戻してみたのですが、机1つ増やしただけで結構部屋が狭くなったと感じてしまい、次の日には机を片付けてしまいました(笑)

7,自分に自信が持てるようになった

物を捨てるとやることが減ります。

やることが減ると、自分が今何をするべきかはっきりします。

自分が何をやるべきか分かると、自分の行動に自信が出ます。

僕は物を捨てて、自分に自信が持てるようになりました。

まとめ:物を捨てると人生が変わる

ミニマリストを目指して物を捨てることを始めてから、僕の人生は間違いなく良い方向に変わりました。

一番おおきいメリットは、物が少なくなったことで自分の行動に迷いがなくなったこと。

人はみな平等に24時間しか使えません。

その24時間でやれること・使える物は限られています。

選択肢を自分から減らすことで、迷う時間も後悔する時間も捨てることができました。