消費・浪費・投資の割合を知って節約しよう

消費・浪費・投資

こんにちは。

こっと(@kotlnet)です。

使ったお金である支出には、消費・浪費・投資の三種類あるって知っていますか?

節約しようとおもってはいるけど、うまくいかない。

気が付いたらお金なくなっている。

そんな人は、一度自分の支出の消費・浪費・投資について考えてみることをおすすめします。

この記事はこんな人におすすめ
  • 節約しようと思っているけど何故か失敗する
  • 最近無駄づかいが多いと感じている

理想的な支出の割合は?

最近、お金の勉強をしようと思っていファイナンシャルプランナーの勉強をしているのですが、お金の本によく載っていることが、理想的な支出の割合。

  1. 消費:70%
  2. 浪費:5%
  3. 投資:25%

多くの本でこの割合が理想の支出の割合だと書かれています。

しかし、いきなり支出には種類があると言われてもわけが分からないと思うので、一つずつ説明していきます。

消費とは

消費とは、生きていくために必ず使わないといけないお金。

どう頑張って減らしてもゼロにはできません。

使ったお金=価値。

食費や家賃、電気代などが消費にあたります。

MEMO

使ったお金=価値

消費にお金を使ってもプラスにもマイナスにもならない。

浪費とは

ひとことで言えば、無駄遣い。

セールで服を衝動買いしてしまったり、フラッとコンビニに寄ってお菓子を買ってしまう時のお金。

節約のためにはまずこの浪費から減らす必要がある。

浪費はなるべくゼロに近づけていきたいです。

MEMO

使ったお金>価値

浪費にお金を使うとそのお金を無駄にしてしまうのであまりよくない。

投資とは

株式投資や投資信託などだけでなく、将来的にプラスになるお金。

  • 勉強のために本を買う
  • 筋トレのためにジムに行く
  • 英会話スクールに行く

など、お金をかけることで将来的にかけたお金以上の価値を得られるお金。

この割合をどれだけ増やせるかが大切です。

MEMO

使ったお金<価値

投資にお金を使うと使ったお金以上のものが返ってくる可能性が高い。

考え方次第で同じことでも消費・浪費・投資は入れ替わる

コンビニでお菓子を買うことは、普通に考えれば浪費ですが、そのお菓子を食べてリフレッシュしてその後の仕事や勉強が捗るのであれば投資です。

逆に、筋トレしようと思ってジムの年会費を払ったけど結局途中で行くのをやめてしまったら、投資ではなく浪費になってしまいます。

あなたのお金の使い方が浪費になるか投資になるかは、あなたの行動次第です。

自分の消費・浪費・投資の割合を知る

この記事を読んでまずやってほしいことは、自分の支出のうちの消費・浪費・投資の割合を知ること。

お金貯まらないなぁと言っている時は、大体消費・浪費ばかりにお金を使ってしまっています。

いきなり浪費をゼロにするのは、ストレスがかかってしまうので、まずは自分がどれだけ使っているのかを知ることから始めましょう。

まとめ:金は天下の回りもの

金は使わないと増えません。

そして消費・浪費に使っていても増えません。

僕も消費・浪費に多くお金を使ってしまってましたが、できるだけ投資にお金を使っていきましょう。