Anker『 PowerCore Fusion 5000』レビュー。使って分かったメリットとデメリット

Anker power fusion5000

れふま

  • モバイルバッテリー用のケーブルとiPhone用のケーブルを二つ持っているのがめんどくさい…
  • ついモバイルバッテリーの充電を忘れてしまう…

その悩みを解決できるモバイルバッテリー見つけました。

こんにちは。

れふま(@0fuma)です。

今回は、コレ1つでモバイルバッテリーにもアダプターにもなるAnkerのPowerCore Fusion 5000を購入したのでレビューしていきます。

無駄な物を減らしたいミニマリストの方にも参考になりますよ。

商品の概要

Ankerの急速充電に対応したモバイルバッテリー。

このモバイルバッテリーの特徴は、この本体ひとつだけでアダプターにもモバイルバッテリーにもなるところ。

スペック

製品名 PowerCore Fusion 5000
カラー ブラック・ホワイト
サイズ 約72 x 70 x 31mm
重さ 約189g
容量 5000mAh(iPhone 2回分ぐらい)
ポート数 2つ

無駄なケーブルを持ち歩かなくて済むようになった

以前僕は、別のモバイルバッテリーを使っていました。

普通のモバイルバッテリー。

 

PowerCore Fusion 5000みたいにコンセントに直接させないから、スマホと同じように充電器に差して充電して使っていました。

ただ当時と今で違うのが、androidからiPhoneに乗り換えたこと。

何がそんなに違うかって、充電ケーブルが違うんですよ。

androidはUSBケーブル、iPhoneはライトニングケーブル。

そして、モバイルバッテリーもUSBケーブルで充電するんです。

androidのときは、同じ充電ケーブルで充電できたので使うのは一本で良かったんです。

 

iPhoneになってから、二種類のケーブルがモバイルバッテリーに差しっぱなしになっている。

見るからにダサい。

それにごちゃごちゃして邪魔くさい。

USBケーブルとライトニングケーブルが、一緒に使っていると絡まったりして、ホンマに邪魔くさいんです。

なんでこんな話をしたかというと、

 

PowerCore Fusion 5000はコンセントから充電できるじゃないですか。

ということは、USBケーブル使わなくてええんですよ!

ケーブル一本だけええんですよ!

これ、ホンマめっちゃ楽です。

モバイルバッテリーの充電を忘れなくなった

iPhoneの充電が完了したら自動的にモバイルバッテリーが充電される仕組みになっています。

つまり、基本コンセントに差したらほったらかしでiPhoneとモバイルバッテリーの両方が充電されるようになっています。

これ、何が良いのか。

あなたは毎晩スマホを充電しますよね?

僕もそうです。

そして僕の場合は、スマホはこのPowerCore Fusion 5000で充電しているので、

スマホを充電する=モバイルバッテリーも同時に充電する

ことになるんです。

以前は、モバイルバッテリーのケーブルを差し忘れて朝起きてモバイルバッテリーだけ充電できていなかったことも多かったです。

スマホの充電は、毎晩忘れずにやっていたんですけどね。

でも、PowerCore Fusion 5000を使ってからは充電忘れがなくなりました。

そりゃそうですけどね。

充電できていないということは、スマホの充電してなかったってことですから。

でも、夜寝るときに

「スマホだけ充電する」

ってことは変わらずに、モバイルバッテリーの充電も忘れなくなったのはすごくないですか?

僕と同じことをやっていた人、これ使ったら充電忘れなくなりますよ笑

コンセント一つでスマホとモバイルバッテリーの両方を充電できる

これは、僕が旅行先でこのモバイルバッテリーがあって助かったという話です。

僕は、大学に入ってから旅行によく行くようになりましたが、そこで毎回起こるのが、部屋のコンセント争奪戦。

大抵の部屋で、人数分あるかどうかの数しかコンセントがないことが多いんです笑

安いホテルばかり使っているのも関係あるのかもしれませんが。

まあそこで、みんな自分のスマホを充電して、あとは他にモバイルバッテリーやらiPadやらいろいろ充電しますよね。

自分がじゃんけんで負けて一個しかコンセントが使えない。

そんなときにめちゃくちゃこのモバイルバッテリーのありがたみを感じます笑

一つあればモバイルバッテリーにもなるし、iPhoneの充電器としても使える。

これだけあれば、他は何もいらないんです。

外で急にコンセントで充電したくなっても大丈夫

出かけた先で、コンセントが使えるカフェとかを見つけて入ってみようかなと思っても、そんなに都合よく充電器を持ち歩いてませんよね。

普通のモバイルバッテリーは持っていてもコンセントは使えませんし、かといって毎回充電器を持ち歩くのは邪魔くさい。

僕は、PowerCore Fusion 5000を買ってからはその迷いがなくなりました。

これ一個だけバッグに入れておけば大体対応できます。

朝、家を出るとき

「今日は充電器を持って行こうかな」

「モバイルバッテリーだけで大丈夫かな」

とか考えている時間がもったいない。

そこから充電器をやっぱり持って行こうとなっても、寝室のコンセントに差しっぱなしにしていたらどうですか?

取りに行くの面倒じゃないですか?

ミニマリストが真に捨てるべき時間は、そういう無駄な時間や迷いです。

急速充電に対応している

iPhoneの充電が体感ではっきりわかるぐらい早くなりました。

充電中って、たまに画面をつけて

「今どれだけ充電できたかなぁ」

と確認することがあると思います。

その時に

「あれ?もうこんなに充電されてるん?」

と購入して最初の方は毎回驚いていました笑

二時間ぐらいでiPhone7が0%からほぼ100%ぐらいに充電されます。

それでいてコスパ最高

このモバイルバッテリーの値段、3000円いきません(笑)

(2018年6月当時2599円!)

こんだけ便利で機能性もあるモバイルバッテリーなのに、他のモバイルバッテリーと値段が変わらないんですよ。

コンセント付きのモバイルバッテリーなんてPowerCore Fusion 5000ぐらいなのに、コンセント無しのモバイルナッテリーと値段変わらないって、安すぎです(笑)

充電の溜まり具合が三段階で光って分かる

今、PowerCore Fusion 5000がどれだけ充電が溜まっているかが一目でわかるようになっています。

上の画像の真ん中に小さい点が3つあるのが見えると思いますが、それが充電中や使用中に光ります。

モバイルバッテリーには、よくある機能なんですがこういう基本的な機能も忘れずにつけていてくれているのは、ありがたいですね。

デメリットは微妙にでかいこと

ここまでずっと褒めてばかりでしたが、デメリットもあります。

サイズが微妙に大きいので、机と壁との間の隙間とか他に大きなサイズの充電器が差さっているとか(ノートパソコンのやつとか)という状況では使いにくいですね。

僕も、このモバイルバッテリーとノートパソコンの充電器が同じ場所で差すことが出来ないので、面倒だなと思ってます。

充電する場所をずらせばよいだけですが笑

まとめ:荷物も減らせてすごく便利なモバイルバッテリー

コンセントから直で充電できるモバイルバッテリーを初めて使ってみましたが、コンセントにさせるだけでこんなに違うのかと驚きました。

コスパも良くて文句なしです!!

商品のポイント
  • コンセント直挿しができる
  • 専用ポーチで持ち運びが楽
  • 同時に2つ充電できる
  • スッキリしたデザイン