時間がない。それならやることを減らそう。

making-time

あなたは、

時間が足りない。

自分は時間ないのになんであの人は余裕そうなの?

って思うことはありませんか?

 

僕はめっちゃありました。

どうやって毎日時間を作っているんだろう?ってずっと考えていました。

で、結局その疑問が解決されたのは僕がミニマリストを目指してから。

僕が『時間がなかった理由』がわかりました。

時間がない理由①やることが多すぎる

僕たちは、同時に何個も作業できるような人ではありません。

同時にできることはせいぜい2つぐらい。

その中で、自分が何をするかを選ばないといけません。

今本当にやらないといけないことを考えて、やることに優先順位をつけてみてください。

案外どうでも良いことが多いです。

自分がやらなくても良いことも多いです。

家事は住んでいる人で分担したり、仕事も他の人に回したりできます。

あなたしかできないことを最優先にやりましょう。

 

やることが多すぎて何から始めれば良いか分からない

やることが多すぎると、逆に自分のやることが分からなくなってしまいます。

だから、まず何から始めようか考えて何もしていない。

そんな時間は一番もったいないです。

 

そしてそんな時間ができてしまうのは、やることを明確に出来ていないから。

例えば、単純に「英語の勉強をする」としても、話す・聞く・書く・読むのどれを練習するとか単語を覚えるとか、もっと細かく明確に目標をしないと、何をやっていいか分からないんですよ。

やることリストを作っていますか?

自分の今日やることを書き出してみると、自分がやっていることの量に気づくことができます。

毎日そのリストを作って、もし「毎日コレ残ってるなぁ」とか「コレやってると時間足りないなぁ」とか思うモノがあれば、それに使う時間をできるだけ減らせるように考えてみましょう。

  • 自分が今やっていること
  • 自分がこれからやるべきこと
  • 自分にしかできないこと

をちゃんと理解することが大事です。

僕たちは頭の切り替えがとても下手

やることが多い少ないに関わらず、作業の切り替えのときって集中力が切れやすいです。

例えば、

今までテレビ見ていたのに急に勉強するって言っても、あなたの気持ちはまだテレビにいってますよね?

勉強を始めてもまだふわふわした気分が残っています。

そこから完全に勉強に集中するには時間がかかる。

じゃあどうすれば良いか?

さっきの例だったら、テレビを見なかったら良いんです。

最初から勉強をしていたら、テレビに頭の中を持って行かれることもありません。

時間がない理由②ムダな時間が多すぎる

いやいやいや、時間が足りないとか言いながらスマホいじってたりしてません?

僕は、時間ねえ…ヤベェ…って言いながらひたすらゲームしてました。やめれないんですよね(笑)

こっと

ゲームをやっている時間

最近はスマホゲームやっている人をどこでも見かけます。

電車にのっていてもでも前に座っている人がゲームやっているとかよくあります。

僕は、ゲームの断捨離を行ったので時間が大幅に増えました。

いざやめてみると、自分はなんて時間をムダにしていたんだろうと思います。

minimalize-social-game 【ソシャゲやめた】ソシャゲやめてよかった!やめ方まとめ!

SNSをやっている時間

SNSもほんとに時間が取られます。

上のゲームと合わせて、僕の一日はTwitterやってるかゲームやってるかで一日終わるような状況だったので、非常によくわかります。

一日2時間SNSをして時間を使っていたら、

「連絡が来るから返事しないといけないんです…」という人、

その返事がしたいならしたらいいですけど、返事している間にもあなたが使える時間が減っていってるってこと理解して返事しましょうねってことです。

僕はゲーム同様、SNSも断捨離しました。

minimalize-sns SNSを断捨離しました

何もやっていなくてボーっとしている時間

ボーっとしてリラックスする時間は必要です。

しかし、何もやることが決まっていなくてダラダラしているだけなら、その時間はもったいないですし無くすべきです。

時間がない理由③集中できておらず効率が悪い

集中出来ていないから、効率が悪い。

効率が悪いから、作業をやっていても終わるのが遅い。

もちろん個人差はあります。僕やあなたは天才ではない。

しかし、それぞれに自分が出せる全力を出すことはできますよね?

全力を出すためには、その作業に集中しないといけません。

しかしその集中を邪魔するのは、たいていこれらのことなんです。

ながら作業

テレビ見ながら〜とか作業してませんか?

本気で集中するなら、1つのことだけに集中しないとできませんよ。

作業中も、頭の中にはテレビの内容ばっかりになるでしょ?

そりゃあムリですって。

それができたら僕もあなたも凡人抜けてますって。

睡眠不足

睡眠不足のときは、何をやっても集中できません。

一見、起きている時間は多いからいいと思われますが、眠い状態で作業をするのはすごく効率が悪いです。

頭の中は常に「眠いわ〜」ってなっている状態で集中できますか?

僕はムリです。

作業をしている間は、その作業のこと以外頭に入れない。

これは集中するときに必ず必要なことです。

周りにモノが多い

僕は、受験期は勉強に集中するために部屋を空っぽにして勉強道具だけ持って入っていました。

ストップウォッチはありましたがもちろんスマホもなし。

参考書ですらそのとき使う本意外は部屋に入れませんでした。

というのも、それまでの人生、勉強をしようとしても部屋に置いてあった漫画やゲームがついつい気になってしまい、気がついたら漫画を読んでいることがしょっちゅうあったからです。(もしかしたら毎回だったかも(笑))

人の意思の力ってびっくりするぐらい弱いですよ。

運動不足

コレは僕の個人的な話ですが、作業する前に軽く筋トレとかストレッチをするとすんなり作業に集中できるんです。

何かに集中する前には、運動。

コレが最近分かった集中方法です。

終わりの時間を決めていない

なんとなしにやり始めて、作業が終わったら終わり。

それじゃあ気合が入るものも入りませんよ(笑)

終わり時間は自分が決められますし、ダラダラしてしまいます。

「この作業は何時までに終わらせる!」と目標を決めて取り組みましょう。

目標を立てることってホンマに大事ですよ。

まとめ:時間が足りないなら、やることを減らそう

一番大切なことは、自分には時間がないことに本気で向き合って理解すること。

時間がないって言っているうちは、所詮本気じゃないんですよね。

本気で向き合って考えているなら、時間がない…とか言う前に始めてます。

だってそんなこと言っている時間自体がもったいないですやん。

一日はどう頑張っても24時間から増えたりしません。

本当に今すぐやらないといけないことって、実はそんなに多くないんです。

もし、やらないといけないことばかりやって時間がないというのであれば、それはやることが多すぎるか無駄な時間が多すぎるということ。

一旦立ち止まって、今本当にやるべきことを考え直してみてください。