【ゼロベース思考】節約するなら『ゼロから』考えてみる

zero-base

こんにちは。

こっと(@kotlnet)です。

節約したいんだけど、何から手をつけていいか分からない。

というかこれ以上どこを変えれば良いのか思いつかない。

あなたは、そんな状態になっていませんか?

僕は、物事が行き詰まったら『ゼロベース思考』を使って考えると新しい打開策が浮かぶことが多いです。

今回はその『ゼロベース思考』について説明します。

ゼロベース思考とは?

ゼロから改めて考え直す思考法

ゼロベース思考とは、今持っている考え方や常識、固定概念などを一度ゼロに戻して何も無い状態で、基礎から改めて考え直していく思考法です。

今までの経験や知識、価値観などが柔軟な考え方を妨げていたり単純な問題を難しくしてしまっています。

ゼロベース思考と節約は関係あるの?

この考え方は、ビジネスに限らずどんなことにも応用できる考え方。

節約も、今までと同じ考え方ではできないです。

同じ考え方で出来るのなら、あなたは節約に成功してますよね。

これは絶対に必要だと思っていた部分が実は不要だったということもありえると思います。

ゼロベース思考はミニマリズムに通じる!

モノを『減らす』のではなく『増やす』

ミニマリストはモノを減らす人だというイメージが付いているが、全く違う。

ミニマリズムの本質は『好きなモノしか持たない』ということ。

基本は何も持っていない状態で、好きなモノだけを『増やす』という考え方。

だから、モノを『減らす』のは本質的には違っているし、断捨離をするときもわかりやすくて良い。

節約への役立て方

お金が『ゼロ』の状態から考える

収入と支出について、ゼロベースでもう一度考え直す。

毎月の固定費はいくらかかっているのか?

変動費はいくらか?

毎月いくら稼いでいくら使っているのかを最初から考え直すことが大切です。

『常識』を疑ってみる

例えば、テレビって大体どこの家にもありますよね。

『テレビは絶対に必要だ』って『常識』だと思います。

だからこそ、その『常識』を疑ってみることが大切です。

僕は、ミニマリストになってからテレビを見ることをやめています。

ニュースや情報は、ネットやTwitterで調べた方が早いですし、ドラマなども動画配信サービス(AmazonプライムやHuluなど)で見ることで、ダラダラとバラエティ番組を見てしまうこともなくなりました。

テレビって意外に必要無かったんだなと思いました。

テレビがなくなることで電気代も安くなりますし、そもそもテレビを買うお金も必要なくなります。

今常識だと思っていることや当たり前だと思っていることをもう一度考え直してみれば、家計の節約に必ずつながりますよ。

ゼロベース思考の身につけ方

1,他人になりきる

架空の人物になりきって自分のことを見直してみることで、今まで気づくことができなかったことに気づく場合がよくあります。

架空の人物として、自分の話す説明を聞いてみてください。

思い込んで決めつけている部分はありませんか?

言いたいことは、架空の人物として話を聞いているあなたに伝わっていますか?

2,他人に考えを話してみる

自分が考えていることを、他の人に話してみると、新しい考えが生まれるかもしれません。

あなたとその人は過ごしてきた環境や考え方も違いますから、同じ内容の話でも考えが違うことがよくあります。

まとめ:ゼロベース思考で節約を!

どこを節約すれば良いか分からない。

もうこれ以上節約できる部分がない。

そう考えているあなたは、ぜひ『ゼロベース思考』を使って家計の節約を考え直してみましょう!